フードコーディネーターの需要、現状と将来性

フードコーディネーターの現状

長年、飲食業界・外食産業は安定していると言われていましたが、近年は不況のあおりを受け、胡坐をかいていられる状態ではなくなりました。

個人経営の店舗だけでなく、大手飲食チェーン企業であっても売り上げの低迷や人手不足から撤退が相次ぐなど、厳しい経営状況が続いています。

こうした状況の中、幅広い食の知識を持ち合わせ、各業界との連携や伝達機能を図ることのできるフードコーディネーターの存在に注目が集まっています。

フードコーディネーターは、栄養学や食材の知識・バラエティに富んだ調理技術・目で見て楽しめる食器やテーブルコーディネートなどの提案ができるさまざまなスキルなどを持っています。

食に関するビジネスではマーケティングから生産、販売等までさまざまな要素が複合的に絡み合うため、このように多様な知識を身につけてトータルプロデュースできるフードコーディネーターは非常に重宝される傾向にあるようです。

フードコーディネーターの需要

人々のライフスタイルが多様化する中、状況に応じた提案ができるフードコーディネーターの需要はますます高まっているといえます。

これまで飲食業界・外食産業に関わっていたフードコーディネーターが、いわゆる「中食」とよばれるコンビニやスーパーのお惣菜のレシピ開発をしたりするケースが増え、企業も積極的にフードコーディネーターを採用しています。

また、フリーで活動するフードコーディネーターは、インターネット上でレシピを公開したり、自分で料理動画を作成し公開したりするなどしてファンを増やし、これまでのようなメディアや企業に頼らない新たな仕事の仕方をはじめる人も増えています。

<h2>フードコーディネーターの将来性
衣・食・住という言葉があるように、人間の生活において「食」が必要なくなることは考えられません。

そのため、食のスペシャリストであるフードコーディネーターにも多くの活躍の場があると言えます。

しかしながら、フードコーディネーターを目指す人の数も増えているいま、「自分だからこの仕事ができる!」といえるような強みを持つことも大切です。

食に関わる仕事が多く存在し独立することもできるからこそ、自分の個性を生かした働き方が求められます。

「この人のレシピなら作りたい!」「この人が作る料理は信頼できる」など、今後はフードコーディネーター自身の魅力が仕事につながっていくことも増えるでしょう。

<h2>フードコーディネーターの今後の活躍の場
フードコーディネーターは食そのものだけではなく、さまざまな知識やスキルを生かすことができる仕事です。

たとえばデザイン関連の勉強をしてきた人であれば、レシピ提供と同時に料理本のイラストを描いたり、店舗レイアウトの提案をしたりするなどして豊かなセンスや感性を生かすことができます。

またマーケティングに深く関わった人であれば、そのノウハウを強みに新たな食ビジネスの提案や新商品の開発ができるかもしれません。

今後はフードコーディネーターの知識だけでなく、さまざまなスキルや知識を融合させて新たな活躍の場を見出し、多彩な働き方をするフードコーディネーターが増えていくことでしょう。