フードコーディネーターのつらいこと・大変なこと・苦労



フードコーディネーターというと、テレビや雑誌などで活躍する華やかなイメージを想像します。

しかし、フードコーディネーターは多くの準備が必要であり、徹夜になることも少なくありません。

この記事では、フードコーディネーターのつらいこと・大変なこと・苦労を解説します。

フードコーディネーターのつらいこと

フードコーディネーターは、常に「このレシピやメニューが多くの人に受け入れられるだろうか」という不安を抱えています

どれだけ試作や試食を重ねても、新しいレシピやメニューを発表する時は「失敗だったらどうしよう」「お客さまに受け入れられなかったらどうしよう」という不安がつきまといます。

とくに、料理教室などお客さまからの反応がダイレクトに伝わる仕事や、雑誌やテレビに出演するなど反響が多い仕事ではプレッシャーを感じ、時にはつらくなることもあるでしょう。

しかし、時間をかけて準備を重ね、期待以上のものを提供できたときは「本当においしかった!」「また作りたい!」「あなたにお願いして良かった!」と声をかけてもらえ、不安やプレッシャーを吹き飛ばすほどの大きな喜びを実感できます。

こうした不安を抱えながらも、日々仕事を通して成長していくことにやりがいを感じられるかどうかが、フードコーディネーターの仕事を長く続けていく上でのポイントになります。

フードコーディネーターの大変なこと・苦労

フードコーディネーターは仕事当日までに、レシピの考案をするため試作を繰り返します。

この段階で何日もかかることも少なくありません。

一生懸命考えたレシピを提案しても、クライアントからOKが出なければまたやり直しとなってしまうこともあります。

また、依頼を受けた企業や担当者と打ち合わせをしたり、原稿を書いたりなど、多くの裏方作業を必要とします。

こうした準備をしっかりしておかなければ、撮影当日に予期せぬ失敗をしてしまったり、思うような味がつくれずにクライアントから信頼を失ってしまったりと、大きなトラブルに繋がります。

表に出ず、評価もされない地味な仕事に対して、地道にコツコツと努力できる人でなくてはフードコーディネーターになるのは難しいでしょう。

フードコーディネーターを辞める理由で多いものは?

フードコーディネーターの離職理由で多いものの一つに、勤務時間が不規則なことがあげられます。

企業に勤めるフードコーディネーターの場合は、就業規則があるので、ある程度は勤務時間が定められていますが、フリーの場合は仕事量や勤務時間を自分で決めなくてはなりません。

依頼を受けた企業や担当者と都合を合わせるため、どうしても勤務時間が不規則となりやすいのです。

とくにテレビや雑誌の撮影は拘束時間が長くなりがちな上に、準備や後片付けを行うと早朝から深夜まで働き詰めも少なくありません。

また人気のフードコーディネーターはあちこちから依頼が舞い込み、週にいくつものレシピを開発しなくてはならず、アシスタントを雇っても賄いきれずに自ら徹夜で仕事をするという人もいます。

かなりのハードワークになるため、一人前のフードコーディネーターを目指して経験を積みたいのであれば、憧れだけではやっていけません。

逆に、いくらがんばりたいと張り切っていても思うように仕事がもらえず、生活できるだけの収入を得ることが難しいため離職したり副業をしたりするという人もいます。

「フードコーディネーターの苦労」のまとめ

フードコーディネーターは、レシピやメニューが多くの人に受け入れられるか常に考えながらレシピを開発しています。

また、レシピはクライアントからOKが出なければやり直しとなってしまうため、開発までに何日もかかることも少なくありません。

テレビや雑誌の撮影などの華やかな部分よりも、レシピの開発や企業との打ち合わせなどの準備に多くの時間がかかるため、勤務時間が不規則になりがちです。

表に出ず、評価もされない地味な仕事に対して、地道にコツコツと努力できる人がフードコーディネーターに向いているでしょう。