女性のフードコーディネーターのキャリアパス・結婚後の生活



フードコーディネーターという職業はいつまで働けるのでしょうか?

結婚・出産はライフスタイルに大きな変化をもたらします。

とくに子どもが小さいうちは自分の手で育てたいと考える女性は多くいるでしょう。

この記事では、キャリアパス・結婚後の生活について解説します。

女性のフードコーディネーターの現状

フードコーディネーターは、ほかの職種に比べ女性の活躍が目立つ職業です。

もちろん男性のフードコーディネーターも多く活躍していますが、フードコーディネーターはもともとフリーランスで働く人が多く、「手に職をつけて働ける」という魅力が、女性の積極的な活躍を促しているのが一因と考えられます。

また、もともと家庭の中で料理を担うのは女性が多いため、料理に興味関心を持ちやすいといった側面もあるでしょう。

女性のフードコーディネーターの強み・弱み

女性のフードコーディネーターの強み
  • 子育てや家庭生活での経験が生かせる
  • 年齢がデメリットにならない

女性フードコーディネーターにとって最大の強みは、子育てや家庭生活での経験が生かせるという点だと言えるでしょう。

たとえば「自宅で食事を作り、家族が喜んでくれるとうれしい」といった気持ちは、フードコーディネーターが仕事をするときに「クライアントや世の中の人々を幸せにする喜び」に通じるところがあります。

結婚や子育てを経験していればそうした女性と同じ目線に立てます。

同じ経験をし、相手の気持ちがわかることで、より適切なレシピの提案や料理の仕方のアドバイスがしやすくなり、仕事をスムーズに進められます。

また、フードコーディネーターの仕事は、年齢制限がないため何歳からでも目指せ、いくつになっても活躍できます。

やる気さえあれば結婚や出産後にもキャリアを重ねることが可能で、実際子育てが落ち着いてから、自分の経験を活かしたいとフードコーディネーターの勉強をスタートする女性も多いようです。

食に敏感な女性ならではの感性が求められる機会も多く、自分の経験や生き方を仕事に役立てられるフードコーディネーターは、「生涯にわたって続けられる仕事を求めたい」と考える女性にとって、大変魅力的な仕事なのです。

結婚後の働き方

結婚後もフードコーディネーターとして働く女性は多くいます。

フードコーディネーターはフリーランスで働く人が多いため、結婚後に仕事を辞めるという人はほとんどいません

フリーランスの場合は、仕事の量やスケジュールをコントロールしやすいため、無理なく働けるからです。

また、結婚したことによって、一人向けのレシピを家族向けに変えたり、男性が喜ぶレシピを増やしたりとこれまでと活動ジャンルを変える人も少なくなく、結婚を新たなビジネスチャンスととらえる人も多いようです。

子育てしながら働ける?

どんな仕事に対しても言えることですが、子育てしながら働くことは決して簡単とは言えません。

とくにフリーランスになれば、基本的に自分の代わりはいません。

そのため、もし子どもが急な体調不良になったときも、仕事に穴を空けないように気を配らなくてはならないでしょう。

もちろん自分で請け負う仕事を選びながら、フードコーディネーターの仕事を続けることは可能です。

しかし、どうしても不規則な勤務になりやすい環境もあるため、家庭と仕事を両立しようと考えると、仕事の幅が限られることを覚悟しておきましょう。

「女性のフードコーディネーター」のまとめ

フードコーディネーターは、子育てや家庭生活での経験を仕事に役立たせることができる職業です。

結婚をきっかけに、レシピを家族向けに変えたり、男性が喜ぶレシピを増やしたりと、結婚を新たなビジネスチャンスととらえる人も多いです。

また、フリーランスであれば、仕事の量やスケジュールをコントロールできるので、結婚後も辞めずに働く女性は多くいます。

しかし、子育て中は子ども優先になることが多くなるので、仕事の幅は限られることもあるでしょう。