フードコーディネーターの仕事内容

フードコーディネーターの仕事は幅広く、TVや雑誌などのメディアに出演し、料理のレシピを紹介するのはフードコーディネーターの大きな仕事の1つです。

また、商品開発などの食に関わる部分から、経営コンサルティングのような業務に携わることもあります。

この記事では、フードコーディネーターの仕事内容・流れについて解説します。

フードコーディネーターの仕事内容

フードコーディネーターは「食」をキーワードに、食の楽しみ方や正しい食生活を提案するスペシャリストです。

フードコーディネーターの仕事は、幅広く

  • レシピ作成や料理番組への出演
  • 雑誌の料理コーナーへの出演
  • 料理教室の講師
  • 食品関連企業のアドバイザー

など多方面で活躍しています。

フードコーディネーターの仕事は、法律などで明確に定義されているわけではないため、フードコーディネーターが自身の強みや得意分野を生かして働いています

フードコーディネーターの業務の内容

フードコーディネーターの業務の内容
  • TVや雑誌などメディアでの仕事
  • 食品メーカー・飲食店などの商品企画やメニュー開発
  • アドバイザー業務
  • 料理教室主催や講師

TVや雑誌などメディアでの仕事

TVや雑誌などのメディアに出演し、料理のレシピを紹介するのはフードコーディネーターの大きな仕事の1つです。

裏方として企画やスタイリング、監修のみを行うこともありますが、自らがメディアに出演し、食の楽しみ方を伝えることもあります。

食品メーカー・飲食店などの商品企画やメニュー開発

食品メーカーや飲食店でメニュー作り・店舗プロデュースに携わるフードコーディネーターもいます。

フードコーディネーターは

  • マーケティングや市場調査
  • 営業企画や販売促進の企画・立案、宣伝方法

の検討などの業務に携わり、ビジネスとして利益を生み出す方法を考えます。

飲食店の特色が生かされたメニューを考えたり、店舗のマネジメント業務に関わるのもフードコーディネーターの仕事です。

あくまでもビジネスで、喜ばれるメニューを考案することが大切です。

アドバイザー業務

経験を積んだフードコーディネーターには、企業のアドバイザーになる道もあります。

商品開発などの食に関わる部分から、経営コンサルティングのような業務に携わります

また、食に関する講演会のスピーカーとなり、全国各地を回ることもあります。

料理教室主催や講師

料理教室の講師になるケースもあります

定番料理の作り方・献立の考え方・調理用具の効率的な使用方法・テーブルコーディネートの方法など、特色ある個性的な教室を開催しています。

フードコーディネーターの役割

食の楽しさを伝えるプロフェッショナル

フードコーディネーターの役割は、食に関する専門知識を持ち、世の中の人々に食の楽しさや魅力を伝えることです。

たとえば

  • 食品メーカーで新商品の開発に携わる
  • レストランのプロデュース
  • テレビの料理番組や雑誌の料理ページへの出演
  • 自治体や教育機関と連携して食育に携わる

などさまざまな仕事を通して食の楽しさや大切さを伝えます。

フードビジネス界の総合プロデューサー

またフードコーディネーターは、生産者や作り手の想いと消費者(お客さま)のニーズをつなぐ役割も担っています

生産者の想いをどう料理に表現できるのかはフードコーディネーターの腕の見せどころと言えます。

食に関する広く深い知識を持ち、食を通して人を幸せに導いていくフードコーディネーターは、「フードビジネス界の総合プロデューサー」とも呼ばれます。

フードコーディネーターの勤務先の種類・就職先

フードコーディネーターの勤務先の種類・就職先
  • 食品メーカーなどの企業
  • 飲食店
  • キッチンスタジオや料理教室
  • スポーツ関連施設

食品メーカーなどの企業

フードコーディネーターの一般的な就職先としてあげられるのは食品メーカーなど食を扱う企業です。

フードコーディネーターは、商品企画や新メニュー開発など、自社が手掛ける製品の開発に携わります。

大きなプロジェクトに携われるのもひとつの魅力です。

飲食店

レストランなどの飲食店で働くフードコーディネーターは、新メニューやレシピの開発に携わります。

なかには複数店舗を兼務するフードコーディネーターもいます

その店舗のコンセプトに合わせ「素材の味を生かしたレシピ」「女性向けのヘルシーなレシピ」など特色あるレシピを考えます。

キッチンスタジオや料理教室

キッチンスタジオや料理教室では、フードコーディネーターが講師となって

  • 料理のレシピや献立の立て方
  • テーブルコーディネート

などを教えます。

なかには独立して、自分で料理教室を開く人もいます

スポーツ関連施設

スポーツ関連施設で働くフードコーディネーターは、それぞれがプレイするスポーツや身体の鍛え方に合った食事のとり方をはじめ、効果的なレシピ・必要な栄養素や量などをアドバイスします。

特定のチームと契約し、そこで働く選手のために専属で働くフードコーディネーターもいます。

フードコーディネーターの働き方の種類とその特徴

フードコーディネーターの仕事の流れ

依頼を受ける
仕事の依頼を受けたのち、そのコンセプトに合ったレシピや調理法を考えます。
レシピ・調理法の考案
ちょっとした調味料の量や食材の組み合わせ、食材の種類で味がまったく異なってしまうため、何度も何度も試作を繰り返し、何日もかけ完成を目指します。

ときには生産地へ赴き、生産者と実際に会って、食材に対する思いを聞き、おいしい食材を手にするところからはじめることもあります。

全体のコーディネートの考案
出来上がった料理から、見た目の美しさを出すために、器やカトラリーなども自ら用意し、全体的なテーブルコーディネートに携ります。
撮影当日
当日の調理も行い撮影に立ち会います。

テレビ出演をする場合は手順が伝わりやすいように説明も行います。

フードコーディネーターと関連した職業

近年は食生活を見直し、よりよい食環境を作っていこうという動きが活発化しています。

そのため、日本でも

  • フードスタイリスト
  • 料理プロデューサー
  • レストランプロデューサー

など食に関する新たな職業や資格が次々と誕生しています。

こうした職業や資格に厳密な差はなく、肩書よりも「どんな仕事をするか? どんな仕事ができるか?」が求められる職業のため、本人の発想や努力次第では職業の垣根を越えた活動をしていくことも可能です。

フードコーディネーターと料理研究家の違い

料理研究家とは、その名の通り「料理の研究をする人」のことです。

料理研究家も特別な資格や学歴は必要なく、多くの場合は自ら料理について研究し、人々にそれを伝える仕事をしています。

フードコーディネーターと料理研究家との明確な区別はなく、レシピを開発するフードコーディネーターは料理研究家の側面も持っているという考え方もできます。

ただし、フードコーディネーターは、料理の「味」だけでなく、よりおいしく見せるための方法を考えたり、食品が売れるための方法を提案したりするなど、よりビジネスに深く関わるケースが多いのが特徴です。

料理研究家もまったくビジネスに関わらないわけではありませんが、料理研究家はまず「研究」を仕事のメインに置いて活動することが多いです。

そういった意味で、フードコーディネーターは、料理研究家以上にビジネスに対する嗅覚が求められる仕事だといえるでしょう。

料理研究家の仕事

「フードコーディネーターの仕事内容」のまとめ

フードコーディネーターの仕事は幅広く、食の楽しみ方や正しい食生活を提案や商品企画やメニュー開発・食に関わる部分からアドバイザー業務をするなど多方面で活躍しています。

またフードコーディネーターはフードビジネス界の総合プロデューサーとも呼ばれ、生産者の想いと、消費者とのニーズをつなぐ役割もしています。

近年は、よりよい食環境を作っていこうという動きが活発していることから、新たな職業や資格が次々と誕生しています。

ですが、肩書よりもどんな仕事をするか? どんな仕事ができるか?が求められる職業のため、本人の発想や努力次第では職業の垣根を越えた活動をしていくことも可能です。