ファイナンシャルプランナーの働き方の種類とその特徴

ファイナンシャルプランナーの雇用形態

ファイナンシャルプランナーの雇用形態は一般的には正社員が多いですが、働き方の希望などに合わせて派遣社員やパートとしても働くことができます。

銀行や証券会社で営業活動を行う人は正社員に限られる場合が多いですが、バックオフィスや保険会社などでは、派遣社員やパートもファイナンシャルプランナーとして働くこともあります。

また、金融機関で経験を積んだ後にその経験を生かしてフリーランスのファイナンシャルプランナーとして働くこともできます。

正社員のファイナンシャルプランナー

企業内ファイナンシャルプランナーの正社員として働く場合、勤務場所は銀行・証券会社・保険会社・不動産会社・コンサルティングなどさまざまな活動の場所があります。

企業内ファイナンシャルプランナーの多くは、ライフプランの設計や相談だけではなく、自社商品のセールスが仕事のメインとなり、ノルマも大きく張られます。

ノルマが達成できれば賞与もアップする可能性がありますが、ノルマが達成できなければ昇格や昇給が遅れたり、会社に居にくくなったりと厳しい世界でもあります。

そのため、給与水準は比較的高く、企業によっては年収1000万円を目指すことができるところもありますし、歩合制ならばそれ以上になる場合もあります。

派遣のファイナンシャルプランナー

派遣のファイナンシャルプランナーとして働く場合は、営業ではなく事務として働く場合が多いです。

契約書や見積もりを作成したり、営業が持ち帰ったお客さまとの契約書をチェックして実際に商品購入の手続きを行ったりと、裏方の仕事ではありますが、深い金融知識が必要になり、お金を扱うということもあり失敗が許されない仕事です。

そのため、金融機関で働く派遣社員は、一般的に他の業界に比べると時給が高くなる傾向にあります。

アルバイト・パートのファイナンシャルプランナー

アルバイト・パートでファイナンシャルプランナーとして働きたい場合、来店誘致型の保険会社などで働くことができます。

扶養内で働きたい場合や、短い時間しか働けない場合でも資格を生かすことができるので、とくに子育て中の方に人気な働き方です。

こちらも、ファイナンシャルプランナーとしての専門知識を生かすことができるので、時給は比較的高くなります。

フリーランスのファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの資格さえあれば、金融機関で経験を積んだ後にフリーランスとして働くこともできます。

フリーランスの場合、自分の求める勤務時間や働き方を設定できるので、自分の営業に自信がありどんどん営業したい人や、子育ての両立がしたい人などに向いている働き方といえます。

ただし、お客さまを獲得できなければ収入を確保できないので、とくに独立したばかりの時は土日問わずイベントやセミナーを開催するなど忙しくなります。

顧客獲得が上手くできれば収入が1000万円を超えることもありますが、自分の努力が直結するので、契約がほとんど取れない場合は年収100万円にも満たさず他に副業しなければ食べていけないこともあるようです。