独学でファイナンシャルプランナーの資格は取得できる?

ファイナンシャルプランナーを独学で目指す人はいる?

3級FP技能士であれば独学でも可能

複数あるファイナンシャルプランナーの資格のなかで、「AFP」と「CFP」は研修の受講が必須となるので、独学のみで取得が考えられる資格は「FP技能士」となります。

3級FP技能士試験は基礎的なレベルとされているため、学生でも取得する人もおり、独学でも合格しやすいといわれています。

2級FP技能士試験以上は、3級FP技能士試験合格者か実務経験者しか受験資格がないので、独学で目指せるのは3級だけになります。

参考書や過去問を見るとレベルの参考になり、独学で学習できそうかという感覚が得られるので、時間に余裕があれば独学で勉強をスタートし、難しいと思ったら早めに講座の受講を検討するのもひとつの方法です。

試験本番で時間内に問題を解けるようになるためには、問題を解く練習が必要なので、過去問と予想問題でしっかり練習しましょう。

ファイナンシャルプランナーが勉強すべきこと

税金や金融、年金、不動産など、さまざまな分野をフォローするFP資格では、「ライフプランニングと資金計画」「金融資産運用」「タックスプランニング」「リスク管理」「不動産」「相続・事業継承」という6つの分野について扱います。

この6つの分野はレベルによって難易度は異なりますが、どのレベルでも出題されます。

具体的に勉強する内容は以下のとおりです。

1. ライフプランニングと資金計画
→社会保険と年金、住宅資金とローンなど

2. 金融資産運用
→生命保険や損害保険などの保険商品全般とリスクマネジメント

3. タックスプランニング
→預貯金、投資信託、債券など、お金や資産の運用法全般

4. リスク管理
→所得税、法人税、消費税など税金全般

5. 不動産
→不動産の査定、取引、不動産関係の法令など

6. 相続・事業承継
→贈与と法律・税金、相続と法律・税金など

これらを見ていくと、税金など日常生活に身近な問題もあれば、不動産関連の法令などあまり馴染みのないものもあり、専門的な勉強が必要になります。

また、専門用語は覚えなくてはならないものも多いですが、暗記だけでは通用せず、その知識をどのように使うのかは問題を解きながら習得することが重要です。

独学のメリット

書籍に売られている参考書や問題集のみで合格を目指す独学のメリットは、費用が安いことです。

ファイナンシャルプランナー関連の書籍はたくさん販売されているため、他の資格に比べると独学をしやすい部類に入るといえるでしょう。

また、いつでも好きな時間に好きなだけ勉強できるというのも独学の良いところです。

時間があれば一気に勉強することもできますし、忙しい時は中断したりゆっくりしたりという調整も可能です。

自分で勉強の計画を立てるのが得意で、周りに流されず自分のペースで勉強したいという人にとって、参考書などを使い勉強するのはメリットがあります。

独学のデメリット

独学のデメリットは法令の改正に対する素早いフォローが得られにくい点と自分で計画的に学習していかなければいけない点です。

独学するのであれば改正には注意しなくてはいけないので、毎年最新版の参考書を買って勉強した方が良いといえます。

また、独学の場合は怠けていたり、実力が足りていなかったりしても誰もフォローしてくれないので、しっかりと学習計画を立て、各分野をまんべんなく学習し、インプットとアウトプットの勉強をバランスよくすることが合格につながります。

また、分からないことがあった時に誰かに聞くことができないので、正しい答えを導くために時間がかかってしまうこともあります。