営業事務への転職、未経験採用

営業事務に転職できる?

営業事務は、別の仕事から転職して就く人も多くいます。

もともと、一般事務など別の種類の事務職に就いていた人もいれば、接客や販売、あるいはまったく異なる職種から営業事務を目指す人もおり、どのような人でも営業事務になることは十分可能だといえます。

営業事務の場合、営業担当者のサポートや顧客対応を行う必要があるため、一般事務に比べると若干ですが転職の難易度は高いかもしれません。

それでも、営業事務の求人は比較的多く見られるため、キャリアチェンジはそこまで難しいものではないでしょう。

この仕事を経験していれば特別有利になる、というものはありませんが、PCを使った事務作業はこの仕事の大半を占めるため、PCスキルがある人は歓迎されます。

また、接客経験がある人は、お客さまに対して適切に対応できる、クレーム対応などの際にスムーズに物事を進めていけると判断され、優遇されることがあるようです。

未経験者でも採用される可能性は高い

営業事務は、未経験からもスタートしやすい職種の一つです。

経験は強みになりますが、それ以上に、その職場の営業や他の社員たちと上手にコミュニケーションをとっていけるか、機転が利くか、段取りよく仕事を進めていけるか、などの点が重視されることが多く、事務の経験がなくても営業事務の適性があると判断されれば、採用される可能性は高いです。

ただし、一部の企業では応募資格として「一般事務の経験がある人」と掲げていることもあります。

また、営業事務は比較的若い人が多く働いているため、未経験スタートの場合、年齢が高くなってくるとその点に関して不安がないか面接等で確認されることがあるかもしれません。

なお、営業事務は正社員以外の雇用形態で働くこともでき、正社員としての採用は難しい場合でも、契約社員や派遣社員として仕事に就き、スキルを身につけていくことは可能です。

実力があれば、正社員以外の形で働く場合にも良い条件で仕事を見つけやすいですが、まずはスキルを磨くことが大切だといえるでしょう。