営業事務の志望動機・面接

志望動機の考え方

営業事務の志望動機として多いのは、「営業をサポートする役割に魅力を感じ、裏方として会社に貢献したい」というものです。

そうはいっても、もともと事務の仕事全般に興味があり、「事務職」という視点で広く就職先を探していくなかで、ひとつの選択肢として営業事務を選んでいる人も多いかもしれません。

しかし、実際には事務といっても一般事務をはじめ、さまざまな種類の事務の仕事がありますし、同じ営業事務であっても、職場によって仕事内容や仕事の進め方も変わってきます。

「なぜ営業事務がいいのか?」という点、さらに「なぜこの企業で働きたいのか?」という両方について、自信を持って答えられるように志望動機を考えることが大切です。

営業部門は、企業の売上や利益をつくることを目指して動いている部門です。

基本的に、営業事務が自ら営業活動を行うことはありませんが、それでも営業の役割をしっかりと理解したうえで、その人たちの活躍をサポートするという気持ちが求められます。

事務の仕事は実務を通じて少しずつ覚えていくことができるため、新卒や未経験者でも採用する企業は多いですが、もし前職などで事務の経験がある場合には「以前培ったスキルを生かしてこのように活躍したい」という前向きな気持ちもアピール材料となります。

面接で気を付けるべきこと

営業事務は、常に営業と連携を図ってチームワーク重視で仕事を進めていく必要があるため、自己中心的な人よりも、協調性がある人が好まれる仕事です。

面接でも、さまざまな角度の質問からそうした点を判断されるかもしれませんが、もし直接的に聞かれなかったとしても、志望動機などを通して「人と一緒に目標に向かってがんばることが好き」ということは伝えられるようにしたいものです。

また、細かな気配りができる人、臨機応変に対応できる柔軟な人も歓迎されやすいです。

基本的に、営業事務の面接では、さほど難しいことは問われません。

緊張するかもしれませんが、相手の話をよく聞き、きちんと質問の内容に沿った答えをしていれば、合格はさほど難しいものではないでしょう。