このサイトは秘書を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「秘書」

仕事内容
秘書は、社長や役員、医師、政治家、弁護士などに付き、庶務全般の仕事を行う仕事です。仕事内容は業界によっても異なりますが、メールや電話の対応、スケジュール管理、来客対応、書類作成などを行い、上司が本業に集中できるようサポートしています。上司が求めるものを的確に判断する力やパソコンを使った事務処理能力が求められるほか、外国人のお客さまや取引先が多い場合は、外国語のスキルも必要とされます。
なるには
秘書になる方法はさまざまです。企業で社長や役員の秘書になる場合は、各会社に就職することが第一歩となりますが、秘書は即戦力が求められる場合が多く、新入社員を秘書として採用することはあまりありません。新卒者の場合、まずは事務担当として経験を積んだのち、本人の希望や適性によって秘書になるケースが一般的です。また、秘書科を置く大学や専門学校で学んだり、秘書検定の資格をとって派遣会社に登録し、仕事の斡旋を待つのも一つの方法です。
給料
正社員として企業に勤める秘書の場合、未経験者では年収300万円前後ということが多いです。ただし、外資系企業の秘書や重役担当の秘書になるともっと給料は上がり、中には1000万円近い年収を得ている人もいます。派遣社員として働く場合は、時給1500円~2000円程度が相場です。専門性の高い仕事であるため、給与水準は一般事務職よりも高めとなっているケースが多く、資格をとってスキルアップすることで昇給も望めます。
将来性
秘書は専門性の高い仕事であるため、きちんとした知識とスキルを身につけた人は、さまざまな場で活躍することができます。大企業を中心に秘書を置く企業は多く、企業秘書として経験を積んだのち、弁護士秘書など専門職の秘書に転職することも可能です。また、グローバル化が進んでいる現代では、語学力や国際感覚を持つ人材も歓迎されています。自分の希望に応じてキャリアアップが望める、将来性ある職業だと言えるでしょう。

仕事体験談