動物看護師への転職

動物看護師への転職はできる?

動物看護師は、基本的に特別な資格や学歴が求められる仕事ではありません。

そのため、誰にでも「やりたい」と思った瞬間から、動物看護師として働くチャンスは開かれています。

動物看護師のおもな就職先となる動物病院では、動物看護師の求人を出しているところもよく見られます。

未経験者でも採用される可能性はありますが、経験者や動物看護師専門学校卒業者を対象とする求人も少なくありません。

したがって、まったく異なる仕事から転職する場合には、動物看護について学べる大学や専門学校などに通えば、就職先の候補はより広がるでしょう。

なお、病院によって経営方針や治療対象とするおもな動物、仕事の進め方などは大きく異なるため、転職をする際には自分の考えと病院の考え方がマッチするかをよく見ておくことをオススメします。

正社員以外の募集もある

いくら熱意があっても、全員が正社員として採用されるとは限らないという点は知っておくべきです。

動物看護師を目指す人のなかには、専門学校を出ても正社員での採用口が見つからず、アルバイトなどで仕事を続けながらスキルアップを目指す人もいます。

しかし、非正規社員としてで働くとなれば、給料をはじめ社会保険などの待遇面で正社員に劣ります。

もし前職で安定した収入を得ていたのであれば、年収はガクっと減ってしまう可能性も大いにあり得ます。

また、動物看護師は専門職でありながら、立ち続けたり動き回ったりと身体を使う仕事が多かったり、ときに雑用のような仕事もこなさなければならなかったりと、心身ともに厳しさを感じることも多いでしょう。

「いつも動物に触れられて楽しそう」くらいの軽い気持ちでいると、すぐに挫折してしまうかもしれません。

動物看護師から転職する人も

異業種から動物看護師への転身を目指す人がいる一方、動物看護師として働いているうちに目指すものが変わってきたり、どうしても職場環境に馴染めず辞めることを決意する人もいます。

また、動物看護師は決して高い給料がもらえる仕事ではないため、待遇面や将来性に不安を感じて、別の仕事に移ろうと決心するケースもあるようです。

とはいえ、動物看護師を辞めてまったく別の仕事に就こうと思っても、しばらくすると「やはり医療関係の仕事に就きたい」「動物に関わる仕事がしたい」と思ってしまうことがあります。

そのような人は、たとえ動物看護師の仕事で苦労を味わっても、やはり根本的には人の命を救ったり、大好きな動物に触れていることに喜びを感じるのでしょう。

動物に関する職業としては、動物看護師の他に「トリマー」「動物飼育員」「ブリーダー」「ドッグトレーナー」など、いくつもあります。

トリマーの仕事
動物飼育員の仕事
ブリーダーの仕事
ドッグトレーナーの仕事

医療関係かつ、国家資格を取って仕事がしたいという場合は「看護師」や「薬剤師」などを目指すケースが比較的多いようです。

看護師の仕事
薬剤師の仕事

「動物を相手にするのは大変だとわかったから、次は人間を相手にしよう」という考える人もいるようですが、動物も人間も、命の重みは変わりません。

安易な気持ちで転職を考えると、また同じことの繰り返しになってしまう可能性もあるため、本当に自分が望むものは何なのか、しっかりと考えてから結論を出したいものです。

仕事体験談