動物看護師の志望動機

動物看護師を目指す人、すでに動物看護師として働いている人は、どのような志望動機を持っているのでしょうか。

「動物が好き」は第一条件

動物看護師を目指す人に、動物嫌いな人はまずいません。

仕事では、小さなものから大きなものまで毎日たくさんの動物と接するわけですから、むしろ動物が大好きで、たっぷりの愛情を注げる人であることが望ましいです。

とはいっても、面接で「なぜ動物看護師を目指すのか?」と聞かれ、「動物が好きだから」と答えるのはあまりにも単純すぎます。

動物看護師の試験を受けにくる人は、誰もが心の中にそういった思いを秘めているのです。

動物に触れられる仕事は、動物看護師以外にもたくさんあります。例を挙げてみると、トリマー、ペットショップ店員、動物園スタッフ、ブリーダー、ドッグトレーナー…などです。
トリマーの仕事
動物飼育員の仕事
ブリーダーの仕事
ドッグトレーナーの仕事

その中で、なぜ動物看護師を選んだのかを考えていくことが大切です。

看護の仕事をするということ

動物看護師は「動物看護」という専門性の高い分野で働くことになります。

看護師として何がしたいのか、どういった看護師を目指していきたいのか。こういったところまで考えたうえで、志望動機を考えていくとよいでしょう。

専門学校等で学んでいるのならば、そこでの経験や感じた思いを志望動機に含めるのでもいいですし、自分がどれだけしっかりと動物看護師について勉強していて、やる気があるかということを伝えることも大切です。

動物が好きなことに加え、「命を救いたい」「困っている動物や飼い主をサポートしたい」こういった強い気持ちを持って、動物看護師を目指す人が多くいます。

病院の特徴もよく調べておく

動物病院といっても、病院ごとに規模や特徴は異なります。

個人経営のクリニックであれば、そこの院長の方針が色濃く出ますし、救急対応もするような大病院であれば、個人病院では扱えないような難しい病気や怪我の動物に向き合うことになります。

日本全国に多数の動物病院がある中で、「なぜ、その病院を選んだのか?」ということも問われることが多いため、きちんと語れるようにしておきましょう。

そのためには、自分が受験する病院の情報を集め、しっかりと研究しておく必要があります。

仕事体験談