動物看護師の給料・年収

動物看護師の初任給

専門性が問われる動物看護師の仕事ですが、給料や待遇面に関してはあまり恵まれているとはいえません。

動物病院に就職した場合の動物看護師の初任給は、東京都内の場合、月額で16万円〜17万円程度に収まる場合が多いようです。

大都市部以外の地域ではこれより安く、初任給14万円くらいになることもあります。ただし、地域による差だけでなく、病院ごとの差も大きいため、応募の際にはできるだけ多く情報を集めて給与額を比較してみるとよいでしょう。

気をつけるべきポイントは、給与額だけでなく、実質的な労働時間や仕事内容を確認しておくことです。給与額が高くても、労働時間がとても長く、休みはあまりとれないという場合もあり得ます。

また、残業が多くある職場の場合、残業代がきちんと出るのかどうかということも、長く働いていくことを考えると見過ごせないポイントになるでしょう。

平均年収

初任給が16万円程度とすると、ボーナスがないとすれば単純な年収は192万円となります。将来的に昇給していくのかどうかが気になるところですが、これも病院によって事情が違うようです。

経験を積めばしっかり給与を上げてくれる病院もありますが、一定額で頭打ちになってしまうところもあるようです。

病院によっては業績にあわせてボーナスを支払ってくれることもあります。それを考慮に入れると、就職してある程度経験を積めば、年収は300万円〜350万円という範囲になるのではないでしょうか。

なお、アルバイトとして働くときは時給800円〜1,000円くらいが相場となっており、他業種の一般的なアルバイトの時給水準とあまり変わりありません。

動物病院で動物看護師として働くためには、相当な体力と精神力が必要となります。動物の病状はさまざまで、予測がつかないケースもあるため、長時間勤務しなければいけない日も多く出てきます。

そういった大変さを考えると、動物看護師の年収は決して高額とはいえないのが実情です。

その他の待遇

ひと口に動物病院といっても、個人経営の小さな病院もあれば、大勢の獣医師や動物看護師が働く獣医大学の付属病院のような大規模のところまでまちまちです。

一般的に、規模が大きくなればなるほど待遇面も充実する傾向にあるようですが、雇用条件や労働環境は職場によって異なっています。

個人経営の動物病院では、社会保険の制度が整っていない場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

健康保険や年金などに自ら加入するのか、それとも勤務先で加入できるのかによって、自分で負担する額はだいぶ変わってきます。

仕事体験談