動物専門学校とは | 学費や就職先は?「動物が好き」を仕事にしたいなら

(読了時間:12分45秒)

動物についての専門的な勉強ができる動物専門学校。

そこでは、いったいどのような授業が行われており、卒業後はどのような道に進んでいくことができるのかはあまり知られていないかもしれません。

このページでは、そんな動物専門学校について紹介していきます。

動物専門学校とは

動物専門学校では、将来、動物に関わる職業・仕事に就くための勉強をすることができます。

全国にいくつもの動物専門学校がありますが、その多くはいくつかの学科・コースが設けられていることが多く、おもに「動物看護」「動物美容(トリマー)」「トレーニング(ドッグトレーナー)」に関連する知識・技術を学ぶことができます。

動物やペットに関わる職業・仕事はたくさんあり、「トリマー」や「ドッグトレーナー」など、関連するさまざまな資格取得を在学中に目指すこともできます。

また、専門学校によっては、たとえば動物看護師統一認定機構が実施する「認定動物看護師」の受験資格を得ることができるなど、特定の資格試験の基準を満たします。

どのような資格の取得を目指すことができるのかは、動物専門学校によっても異なりますので、事前に調べておくとよいでしょう。

動物専門学校で勉強すること、授業科目

動物専門学校で勉強すること・授業科目

動物専門学校は全国にいくつかありますが、大きく分けて「トリマー」「動物看護師」「ドッグトレーナー」という3つの仕事に就くための学科・コースを置いている学校が多いようです。

・トリマー学科(コース)

トリマーになるために必要な専門知識と技術を身につけていきます。

具体的には、犬や猫の健康を守るためのお手入れ方法や、毛並みを美しく揃えるカット技術、さらに皮膚、爪、耳などを含めた全身のケアを学んでいきます。

また、ペットの飼い主に対して健康管理やしつけ、お手入れ方法のアドバイスができるような、トレーニングの基本についても学びます。

・動物看護師学科(コース)

獣医師をサポートし、動物の命を支える動物看護師。

動物医療に関する基礎的な知識と技術について専門的に学んでいきます。

具体的には、動物健康管理や動物栄養学、動物感染症学といった動物看護の基本を勉強し、病気の早期発見や予防について理解し、さらに動物看護の実践力を磨いていきます。

これらに加えて、グルーミングやトレーニングの基礎について学べる学校もあります。

・ドッグトレーナー学科(コース)

動物の習性や行動を基礎から応用まで学び、犬が人間社会で生活していくうえで必要なルールを、犬と飼い主の両方に教えることができる知識と技術を身につけます。

多彩な犬種や特徴を持つ犬の特性を理解し、服従訓練やアジリティなどのトレーニングを実践していきながら、トレーナーとしての実践力を高めていきます。

飼い主と円滑なコミュニケーションをとるための方法やスキルも学んでいきます。

実習も多い

動物専門学校では座学だけでなく校外実習も積極的に行われており、動物病院、ペットショップ、水族館、動物園、犬の訓練所など、さまざまな場所で、普段学んでいる内容に準じた実習を経験し、実践力を身につけていくことができます。

このほか、希望者を対象に、海外留学や研修制度を設けている学校もあります。

実習先や実習期間、参加費用などは学校によって異なるので、各学校の情報を確認してください。

動物専門学校で勉強できることは、将来目指す職業・仕事によって多岐にわたってきます。

ただし、どのような学科・コースで学んだとしても、動物の生体や病気、性格などに関する知識や技術を身につけることができるので、実際には動物看護師とトリマーを兼任しているような人もいるようです。

動物専門学校から目指せる職業・仕事

動物専門学校から目指せる職業・仕事

動物専門学校から目指せるおもな職業・仕事は、以下のようなものが挙げられます。

・トリマー
・動物看護師
・ドッグトレーナー
・アニマルトレーナー
・飼育員
・ペットショップスタッフ
・ペットショップオーナー
・警察犬訓練士、災害救助犬訓練士
・犬の幼稚園
・犬のしつけ教室

動物専門学校では、将来目指す仕事別にいくつかの学科・コースが設けられていることが多く、その内容を大きく分けると「動物看護」「動物美容」「トレーニング」の3種類があります。

また、もっと細かい専攻に分かれ、ドルフィントレーナーや水族館・動物園飼育員を目指したり、野生動物保護などに携わるための勉強を専門的にできるような学校もあります。

同じ動物専門学校でも、学校ごとに勉強できる内容が変わってくるため、将来どのような仕事がしたいかをイメージしたうえで、学校選びをしていくとよいでしょう。

資格取得も可能

動物専門学校では、トリマーやドッグトレーナーなど、各職業・仕事に関連するさまざまな資格の取得を在学中に目指せる学校もあります。

また、専門学校によっては、たとえば動物看護師統一認定機構が実施する「認定動物看護師」の受験資格を得ることができるなど、特定の資格試験の基準を満たすことができます。

資格を生かして就職したいと考えている場合には、学校選びの際に、そうした点も確認しておくとよいでしょう。

学校の就職サポートがある

動物専門学校では、学生が希望の進路に進めるよう、さまざまな就職サポートを行っています。

就職ガイダンスや個別の進路指導、面接練習、履歴書添削などをはじめ、動物・ペット業界とのネットワークを生かした豊富な求人情報の紹介も受けられます。

専門学校で日々学ぶことや実習経験、取得した資格などを生かして、多くの人が卒業後は動物ビジネスに携わっています。

ここで見てきたように、動物専門学校から目指せる職業・仕事はさまざまなものがあります。

将来なりたい姿をイメージして、進学する専門学校探しや、学科・コース選びをしてください。

動物専門学校の学費、費用

動物専門学校の学費

動物専門学校の多くは、昼間部・2年制となっています。

学費は学校ごとに異なりますが、年間で100万円~150万円程度がボリュームゾーンとなるでしょう。

なお、学費には授業料、施設設備費、実習費が含まれるのが一般的ですが、初年度は入学金としてプラス10万円~30万円程度必要になることが多いです。

卒業までの学費の合計は、200万円~300万円程度となるでしょう。

学費は、学校によって1年分を一括納入しなくてはならないこともあれば、分割納入が認められることもあります。

動物専門学校の費用

学費以外にも、教科書・教材代、資格取得費、実習に使用する道具代などがかかってきます。

これらは年間で10万円~20万円程度必要になることが多いようですが、学校によっても変わってきます。

学費に含まれているものと含まれていないものは学校ごとに異なるため、詳しくは各学校の学費に関する情報を調べてください。

また、もし進学にあたって一人暮らしをする場合には、家賃や食費、水道光熱費などの生活費がかかってきます。

学校によっては格安の学生寮を利用できることもありますが、生活費がいくらくらいかかるのかも事前に調べておいたほうがよいでしょう。

動物専門学校の学費サポートについて

動物専門学校では、学生が安心して学べるよう、さまざまな学費サポート制度が設けられていることがあります。

たとえば学校独自の奨学金制度や公的な奨学金制度があり、家庭の経済事情や成績などの条件を満たせば無利息で学費を貸与されます。

また、国の教育ローンや民間の教育ローンを利用できる学校も多く、経済面で不安がある場合にもこうした制度を利用しながら卒業を目指すことができます。

学費サポート制度の内容も専門学校によって異なるため、詳しくは各学校のホームページを確認したり、問い合わせるなどしてください。

動物専門学校で学ぶには、まとまったお金が必要になってきます。

しかし、場合によっては各学校の学費サポート制度を活用することもできますので、いろいろな情報を調べてみるとよいでしょう。

動物専門学校の就職先、就職率、卒業後

動物専門学校の就職先

動物専門学校を卒業した人の、おもな就職先は以下の通りです。

・動物園
・水族館
・ペットショップ
・ペットサロン
・ペットホテル
・動物病院
・ドッグカフェ
・観光牧場
・動物ふれあい施設
・酪農、畜産
・馬育成
・しつけ教室

在学中にどのような勉強をするかによって、就職先には多少違いが出てくるといえるでしょう。

たとえばトリミングやグルーミングを中心に学べる学校であればペットサロンへ就職する人が多くなりますし、動物看護コースやドッグトレーナーコースを置く学校であれば、動物病院やペットショップなどへ就職する人も増えてきます。

活躍の場は広がっている

上記で見てきたように、動物専門学校で学んだ人のおもな就職先は動物が生きる場所や、ペットビジネス関連の企業などとなりますが、近年では福祉の場などでも、動物の持つ「癒やし」の心理的な効果が活用されるようになっています。

そのため、一般の病院や老人介護施設などでも犬などの動物と人間が触れ合う機会があり、そこで動物の扱いに秀でた人材が求められることがあります。

動物の専門的な知識・技術を持つ人の活躍の場は、以前よりも広がっているといえるでしょう。

動物専門学校の就職率・卒業後

動物専門学校の就職率は、おおむね高い数字となっているようです。

すべての学校が正確な数字を公表しているわけではありませんが、就職希望者に対して、実際に就職した人の割合が100%となっていることもあります。

動物専門学校では動物に関する専門的な勉強ができますし、学校のさまざまな就職サポートを受けることができるので、高い就職率につながるのは確かです。

ただし、ドッグトレーナーやドルフィントレーナーのような一部の職種では、そもそもの募集人数や就職先があまり多くないこともあり、場合によっては決して甘くはない就職活動になることも頭に入れておいたほうがよいでしょう。

動物専門学校でしっかりと学べば、憧れの動物ビジネスに携わるという夢にどんどん近づくことができるでしょう。

ただし、就職活動を成功させるためには、本人の「こうなりたい」という意思や熱意が欠かせません。強い気持ちを持って日々コツコツと勉強していくことが大切です。

動物専門学校の入試、志望動機、面接

動物専門学校の入試

動物専門学校の入試は、大きく分けると「一般入試」「推薦入試」「AO入試」の3種類の区分で行われています。

一般入試は、学歴などの応募資格を満たす人であれば、自由に応募することができます。

推薦入試は、「指定校推薦」や「自己推薦」などがあり、前者は専門学校が指定する高校から応募できるもの、後者は自分で自分を推薦するものとなります。

また、最近ではAO入試を実施する学校も増えています。

AO入試では、おもに将来の目標に対する意欲・熱意、向上心などを重視して選考される入試方法で、専門学校が求める人物像に合っているかどうかという観点で合否が決定されます。

なお、AO入試の応募に際しては、学校説明会やオープンキャンパスへの参加が必須となっている場合が多くあります。

また、大学や短大生、あるいは社会人を対象とした入試区分を設けている学校もあります。

出願資格や提出書類、入試日程、選考方法などは入試方法によっても異なるので、各学校の最新の入試情報を確認してください。

動物専門学校の志望動機の考え方

動物専門学校の志望動機を考える際には、将来どのような仕事がしたいのかをイメージしてから、何を学び、何を目指していきたいのか言葉にまとめていくとよいでしょう。

なぜなら、動物専門学校での勉強は、ただ動物やペットを可愛がるだけではなく、動物のスペシャリストとして必要な専門的な知識と技術を基礎から学び、将来的には動物ビジネスやペット産業などで活躍できる人材を目指すことを目的としているからです。

動物専門学校から目指せる職業・仕事は、トリマーや動物看護師、ドッグトレーナーなどいくつか考えられるため、自分がどのように活躍したいのかを考えて、その道に進みたいと思ったきっかけを振り返ってみるとよいでしょう。

具体的な体験談や自分なりのエピソードまで話せると、オリジナリティある志望動機になるでしょう。

さらにいくつもの動物専門学校があるなかで、その学校を志望する理由を伝えることも大事です。

動物専門学校の面接のポイント

動物専門学校の入試では、書類審査、筆記試験、面接などが行われることが一般的で、なかでも面接はどのような入試区分においても実施されることが多いです。

面接では、自己PRや志望動機を中心に問われるでしょう。

それほど難しい質問は普通ありませんが、これまで頑張ってきたことや、自分の長所・短所、目指す職業に就くために何を頑張りたいかなどについては、考えて答えられるようにしておくとよいでしょう。

あとは言葉づかいや身だしなみなどに気を付けて、明るくハキハキと答えるように心がければよいでしょう。

動物専門学校では、学校によって入試科目も面接のポイントなども異なります。

詳細は各学校の募集要項で発表されるため、事前に確認して対策しておきましょう。

動物専門学校のオープンキャンパス

動物専門学校のオープンキャンパスとは

オープンキャンパスの場では学校見学や学校説明会、入試相談会、体験授業、教員や在校生とのトーク、学校見学などがよく行われています。

動物専門学校のオープンキャンパスは、基本的に、その学校に興味を持っている人が自由に参加することができます。

ただし、参加は自由ですが、学校によっては、オープンキャンパス参加者に対して、さまざまな参加特典が用意されていることもあります。

たとえば入試での試験内容が一部免除となったり、交通費の一部支給や無料入寮体験などがあります。

また、オープンキャンパスへの参加が、AO入試の応募条件のひとつになっていることもあるため注意してください。

動物専門学校のオープンキャンパスの内容

動物専門学校では、各学校が趣向を凝らしたオープンキャンパスを実施していて、とくに人気があるのが体験授業です。

体験授業では、実際に動物専門学校で行われる講義や実技などの授業を体験することができ、入学後にどんな勉強をするのかイメージできる内容となっています。

動物について学びたいと考えている人であれば、きっと楽しい時間となるでしょう。

また、オープンキャンパスでは入試や入学後の生活について不安点や疑問点を質問したり、進路について相談することも可能です。

実際に気になっている学校へ足を運ぶことで、パンフレットやホームページだけではなかなか見えない部分を見ることができ、本当にその学校が自分に合うかどうかチェックすることができます。

「この学校で学びたい」という気持ちが持てれば受験に向けてのモチベーションアップになりますし、志望動機を考えていくうえでも、オープンキャンパスで集めた情報が役に立ってくるでしょう。

動物専門学校のオープンキャンパスの参加の際の注意点

学校によっては、オープンキャンパスへの参加にはホームページ上などからの事前申し込みが必要な場合があります。

とくに体験授業は定員制となることもあるため、事前に参加条件などをよく確認しておいたほうがよいでしょう。

ちなみに、オープンキャンパスでは服装は自由とされていることがほとんどですが、あくまでも礼儀正しく、好感を持たれるような態度や服装で参加するほうがよいでしょう。

夜間の動物専門学校

夜間の動物専門学校とは

動物専門学校のなかには、「夜間部」を置く学校があります。

多くの学生が通っている「昼間部」であれば、朝から夕方くらいの時間帯で授業が行われますが、夜間部では、18時頃から21時頃にかけて授業が行われ、1日の授業時間数は2コマあるいは3コマとなることがほとんどです。

ただし、動物専門学校の場合、夜間部のある学校の数は少ないため、進学先の選択肢はきわめて限られてきます。

なお、動物専門学校と間違えやすいものとして民間のペットスクールがあります。

そのようなスクールでもトリミングやドッグトレーニングなどを学べるところはありますが、卒業しても2年制以上の専門学校のように「専門士」といった称号は取得できないので、その点には注意が必要です。

どんな人が通っている?

動物専門学校の夜間部では、社会人として働きながら学ぶ道を選んでいる人もいます。

現在は動物とはまったく関係ない仕事をしている人が、夜に動物専門学校に通って転職を目指すといったケースもあるようです。

なかには大学や短大とのダブルスクールで通っている人もいるようです。

こうしたことから、夜間部では昼間部よりも学生の年齢層が幅広くなることがあります。

動物専門学校の夜間部の特徴

夜間部は、昼間部よりも1日あたりの授業時間は短いですが、短時間でも集中して学べるカリキュラムとなっています。

とくに技術面の指導に力を入れているカリキュラムが中心で、卒業後に即現場で活躍できる力を身につけていくことが可能です。

夜間部であっても取得可能な資格もあるので、詳しくは各学校の募集要項などを確認してください。

なお、夜間部の学費は昼間部よりも安めに設定されていることが多いです。

学校によっては昼間部の半額程度となっており、経済面で不安がある人にとっても通いやすいことが特徴であるといえるでしょう。

ただし、授業時間が限られていることから、昼間部のように選択授業がとれないことがあるようです。

動物専門学校のなかで、夜間部を設置している学校はかなり限られてきます。

同じ学校でも昼間部とはカリキュラムや授業内容が異なる場合があるので、事前に各学校の情報をよく調べましょう。

動物専門学校では、人気のトリマーやドッグトレーナーをはじめ、動物と関わるさまざまな職業・仕事に就くための専門的な勉強をしていくことができます。

動物専門学校によって、具体的に学べる内容や将来目指せる職業には多少違いがありますので、カリキュラムなどを比較しながら自分に合う学校選びをしましょう。