治験コーディネーターの需要と求人・採用募集状況

治験の現状とコーディネーターの需要

日本では現在、新薬が盛んに開発されており、1年間に約150件の治験が届け出られています。治験の数は年々増大しており、この傾向は今後も続くと考えられています。

また新薬開発を促して迅速に患者さんに提供するため、厚生労働省は2012年に「臨床研究・治験活性化5ヵ年計画2012」を策定しました。

この計画では治験手続きの効率化やコストの適正化、実施体制の整備などとともに、人材の確保や育成が目標とされています。

このように日本では現在、治験数が増大し、国により治験が推進されていることから、治験コーディネーター(CRC)の需要も高まっていくと考えられます。

民間企業を中心に、求人は増加傾向

一般にCRCは、病院などの医療機関に直接雇用される院内CRCと、治験施設支援機関(SMO)に所属して治験を実施する医療機関に派遣されるCRCに大きく分けられます。

いずれも場合でも、つねに求人が行われています。

上記のように国が後押しをしていることから、院内CRCの数が増大しており、それに伴って求人数も増えています。

ただし、中心となるのはもともと病院に勤務していた看護師や薬剤師、臨床検査技師が部署異動によりCRC業務を行う、または兼任するというパターンのようです。

一方のSMO所属のCRCは、比較的新しい業界で市場が成長していること、また女性が多いため結婚や出産などのライフイベントにより退職するケースも多いため、求人の数は減ることはありません。

医療系の有資格者が条件となることが少なくないのですが、治験数の増大に対応するためCRCの増員が必要とされています。

CRCになったあとも、絶えず努力が必要

しかし求人数が増える一方で、CRCには質が求められるようにもなっています。

以前はCRC自体が少なかったため人数を確保することが第一とされましたが、現在では質も重視されるようになりました。

上記の「臨床研究・治験活性化5ヵ年計画2012」でも、人材確保に加えて人材育成も目標とされ、上級CRCの育成が掲げられています。

治験数が増大し求人数も増えていますが、市場の規模は限られており、いずれは売り手市場から買い手市場へとシフトすることが予想されます。

CRCになった後も、今後は単にCRC業務をこなすだけでなく、多くの経験を積み能力を磨いていくことが求められるでしょう。