治験コーディネーターの大変なこと、苦労

「院内の部外者」として、コミュニケーションに苦労することも

CRCの仕事には幅広い業務が含まれますが、治験がスムーズに進むよう、全体のコーディネートをすることがおもな役割です。

治験には患者さん、医師や看護師などの医療関係者、製薬企業の関係者など多くのさまざまな人々が関わっているため、それぞれを調整していくのは大変なようです。

またCRCには病院に直接雇用されるCRCと、治験施設支援機関(SMO)などの民間企業から医療機関に派遣されるCRCに大別されますが、多くのCRCはSMOに所属しており、治験が行われる現場では部外者ともいえます。

そのため、治験に参加する患者さんだけでなく、医師や看護師、臨床検査技師など病院のスタッフとのコミュニケーションにも気苦労を感じる可能性があります。

事務能力やパソコンスキルが壁になることも

治験ではその性質上、多くの情報がやりとりされ、取り扱われる書類や文書もかなり多くなります。

そうした文書のなかには、CRCが作成または作成補助を担当するものが少なくありません。

関係者とのミーティング用の資料や患者さん向けの文書などはCRC自身が作成しなければなりません。

また治験データを記載する症例報告書は医師が作成しますが、医学的判断を伴わない部分についてはCRCが記載して作成を補助します。

こうした作業はCRCの業務においてかなりの割合を占め、午前中に患者さんへの対応をした後、午後いっぱいを書類作成に費やさなければならないことも少なくありません。

また一般に書類作成にはパソコンを使用するため、基本的なパソコンスキルが求められます。

事務仕事やパソコンが苦手な場合には、文書作成に苦労するようです。

ただし、企業によってはこれらのスキルを修得できる研修が用意されている場合もありますので、勤務前に確認しておくとよいでしょう。