回答者:りんりんさん(女性/46歳)

職業名:中学校教師 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:6年

仕事内容
学級担任を持っていて家庭訪問、個人面談などから進路相談まで生徒や親と連携して仕事を行っていました。教科担任も持っていたので各学年に専門教科を教えていました。
高校受験もあって勉強を中心に指導することが多かったです。
仕事のやりがい
生徒の成長を見ることができるのが一番のやりがいでした。最初はぜんぜんできなかったことが次第にできるようになり、生徒自身もそのことに喜びを感じているということが自分のことのようにうれしかったです。
卒業して成長した生徒に会うとさらに実感できました。
覚悟しておいた方がいいこと
子どもが好きというだけではやっていけない仕事です。昔とちがって親が学校や担任教師にクレームをつけてくるということがよくあるので精神的につらいことも多いです。
また、ほかの仕事とちがい残業しても手当がないので、自分の時間と仕事をどう区別するかもよく考えなくてはいけません。
給料・待遇
公務員なので周りが不況で大変なときもあまり気にすることがなかったように思います。安定している職業で給料や待遇は他の職業よりもいいと思います。
普通に仕事をしていればそれなりにお金もたまります。そのため仕事に集中することができるような気がします。
この職業の恋愛・結婚事情
やはり職場結婚が多いような気がします。出会いの場が少ないですし、あったとしても学校の先生が集まるときが多いです。おたがいの仕事に理解があるので結婚まで進展しやすいと思います。
立場上離婚がしにくいかもしれません。
この職業を目指す人へのメッセージ
子どもが好きというだけでは続けていくことが難しいと思います。親や同じ職場の教師や地域とよい関係を保ちながら働いていかなければならないということを頭に置いておいたほうがいいです。
子どもの将来にかかわってくる重要な仕事になりますので、強い信念をもって仕事にあたってほしいです。