ショコラティエの給料・年収

製菓業界の厳しい現実

ショコラティエやパティシエのような菓子職人は、一般的に、新人時代は厳しい待遇のなかで働くことになります。就職後の数年間は、早朝出勤や夜間の残業もとくに多くなりますが、月給は15〜18万円くらいです。

その後、少しずつ仕事の幅が広がり一人前になってくると、月給は20〜25万円ほどになります。

厚生労働省の調査によると、パン屋や洋菓子店で働く人の平均年収は、38歳でおよそ300万円ほどです。(平成25年調べ)

一般のサラリーマンや公務員に比べると、収入は低くなる傾向にあります。店舗の人気や売り上げによって賞与が大きく左右されることがあるため、よほどの人気店や有名店でなければ安定性にも欠けるのが現状です。

また、こうした菓子店には正社員として就職できるとは限りません。契約社員や派遣社員、アルバイトとしての求人募集も多く、こういった待遇だと時給制なのでさらに給料が低くなる傾向にあります。

独立・開業で高収入の可能性も

ショコラティエやパティシエのような菓子職人が高い収入を手に入れるためには、独立して自分の店を持ち、成功を収めるのが一番の近道です。

雇われる立場から経営者に変わることで、商品の値段の設定や従業員のお給料の金額を自分の裁量で決めることができます。

また、テレビや雑誌で取り上げられるような人気店になることで、店の売り上げを大きくアップさせることも可能です。

ただし、人気店になるためには、看板となるショコラティエの知名度がとても重要です。

世界的なチョコレートのコンクールで賞をとっていたり、海外の有名店で修行をしていたり、名だたるホテルやレストランで働いていたり…という実績があるにこしたことはないでしょう。