ショコラティエに向いている人・適性・必要なスキル

ショコラティエに向いている性格・適性

お菓子作りが好きな人

ショコラティエの仕事は、生活の全てをかけてチョコレート作りと向き合うため、お菓子作りが好きな人が向いています。

一人前の職人になるまでの修行も大変厳しいですし、職人になってからは毎日ひたすら厨房に立つ毎日です。

実力がついてからも、常に新作のアイディアを考えるなど仕事を追われることになるので、お菓子作りに愛情が持てないとこうした日々を乗り越えることは難しいでしょう。

「子どもの頃からお菓子作りが大好き」「おいしいチョコレートのためなら何でもがんばれる」「新しいレシピを考えるのが楽しい!」という人にとって、最高のやりがいを感じられる仕事です。

お菓子を食べることが好きな人

さまざまな種類のお菓子を食べることが好きな人も、ショコラティエに向いているでしょう。

菓子職人であるショコラティエという職業は、常に実力主義の世界で勝負しなければいけません。

学歴や資格など一般企業では武器になるようなものは、この世界ではあまり関係なく、菓子作りのテクニックを身につけ、オリジナルの商品を生み出す発想力や芸術的なセンスがあることが大切です。

子どもの頃からたくさんのお菓子を食べた経験は、ショコラティエとして成長するためのベースとなってくれるでしょう。

今後もより多くのショコラティエが作ったチョコレートを食べることが、商品の研究につながり、自分自身の成長にもつながります。

几帳面で細かい作業が得意な人

チョコレートはちょっとした工程の違いで、風味や食感が大きく変わってしまう食べものです。

チョコレートを扱うプロであるショコラティエは、常にその日の温度や湿度、使用するカカオの品質を考慮しながら、最適な工程を考えて作業しなければいけません。

高品質なチョコレートを作り続けるためには、細かい調整をいとわない几帳面さが不可欠です。

几帳面な人ほど、この作業で力を発揮することができます。

ショコラティエになるには

ショコラティエに必要なスキル・能力

美的センス

チョコレートは食べ物でありながらも、ある意味では芸術品と呼べるほど美しいものです。

とくにショコラティエが作るチョコレートは高級品であるため、自分へのとっておきのご褒美や、大切な人へのギフトとして購入するお客さまが多く、美しさが重要な要素となります。

ショコラティエは色や形、模様、ラッピングまで細部にわたってこだわりを見せなければいけません。

「おいしい」だけではなく、「美しい」チョコレートを追求できる美的センスのある人に向いている仕事です。

先輩の技を盗む力

職人の世界ですから、菓子作りに関しても丁寧に一から指導してもらえるというよりは、先輩が働いているのを見ながら作業を覚えなければいけないことが多くなります。

作業の流れをしっかり観察する力や、ポイントやコツを聞き出す力、一度覚えたことを記憶する力など、他人の技を盗むための能力は欠かせません。

ビジネススキル

ショコラティエとしての実力がついてきたら、自分の店を開きたいという夢を持つようになる人も多いでしょう。

開業した店舗の経営を軌道にのせるためには、おいしいチョコレートを作る能力だけではなく、多くのお客さまにファンになってもらうための接客術や、経営を黒字にするためのビジネスセンスも必要です。

近年ではインターネットで通信販売をすることで、売り上げを急増させるショップも出てきました。

これからの時代は、このようなオンラインでのビジネスをすることも視野に入れて、勉強した方が強みとなるでしょう。

ショコラティエに向いていないのはどんな人?

ショコラティエに向いていない人は、受け身の姿勢の人です。

ショコラティエを目指す場合、最初は見習いからスタートして、だんだん任される作業が増えるのが一般的なステップアップの道となっています。

しかし受け身の姿勢では、いつまでたっても雑用しか任されなくなってしまう可能性があるため、積極的に仕事を覚えて自分からチャンスをつかむことが大切です。

少し心配に感じる人は、自主的に菓子作りを研究してみるなど、積極的な行動力や思考を体に染み込ませるとよいでしょう。

またショコラティエは重労働で、1日中立ちっぱなしの仕事となるため、体力も必要です。

体力に自信がない人は健康管理をしっかりすることはもちろん、重い荷物を持つ練習をしたり、1日立っていても元気に過ごせるような体力作りを始めましょう。