女性のショコラティエのキャリアパス・結婚後の生活

女性のショコラティエの現状

チョコレートを作るショコラティエは、男性だけでなく女性も活躍できる職業です。

日本では男女関係なく「ショコラティエ」と呼ばれていることが多いですが、フランス語の女性系の「ショコラティエール」と呼ばれることもあります。

ショコラティエをはじめ、料理人やパティシエは男性が多いイメージがありますが、最近では有名な日本人女性ショコラティエも増えてきました。

テレビ番組に取り上げられて注目されたり、本場のフランス・パリに出店したり、モンドセレクションで最高金賞を受賞するなど、多くの女性ショコラティエが活躍しているのです。

実力勝負のショコラティエの世界は、学歴や性別は関係ありません。

女性でも知識や技術をつけることで、店舗を持って独立開業を目指すことができますし、中には結婚後に子育てをしながら活躍している女性ショコラティエもいます。

ただし立ちっぱなしのハードな生活を送ることになるため、結婚や出産などのライフイベントを機にやめてしまったり、アルバイトやパートにシフトチェンジする女性ショコラティエも多いようです。

女性のショコラティエの強み・弱み

女性ショコラティエの強み

味わい深いチョコレートを作るためには、さまざまな食の知識が必要ですし、見た目の美しさを追求するためには芸術的なセンスも求められます。

お菓子作りが大好きな女性や、美へのこだわりがある女性は、こういった面で能力を発揮しやすいのが強みです。

またチョコレートを作る人は、女性の気持ちがわかることも大切とされます。

クリスマスやバレンタインデーの大切な贈り物に、自分へのとっておきのご褒美に、女子会やパーティーへの差し入れに、チョコレートを買い求めるお客さまは、圧倒的に女性の方が多いためです。

この点でも、お客さまの気持ちや感覚がわかる女性のショコラティエには、有利な点があると考えられるでしょう。

女性ならではの経験や感性を生かして思いきり活躍できる可能性を秘めているのが、ショコラティエの仕事です。

女性ショコラティエの弱み

一方で女性ならではのつらさもあり、華やかで芸術的な世界に見えるチョコレート作りの現場は、実際はかなりの重労働になっています。

大きな調理道具を抱えて作業をしたり、重い材料を運んだり、立ちっぱなしで腰を折ってデコレーションなどの細かい作業を行うことは日常茶飯事です。

たとえば妊娠したときや体調を崩したとき、一般企業で働いている女性ならば、営業から事務仕事に替えてもらったり、重いものを持つような仕事や立ちっぱなしの仕事を離れたりすることもできます。

しかしショコラティエの場合は、チョコレートを作らなければ仕事にならないため、このような異動はできません。

多少の作業の免除はあるにしても、基本的には立ちっぱなしの仕事を続ける必要があります。

女性として生涯この仕事をするのであれば、体力をしっかりつけて、作業の免除や産休・育休取得にできる限り配慮をしてくれる就職先を探すなどの努力も必要になるでしょう。

ショコラティエの結婚後の働き方・雇用形態

ショコラティエを題材にしたドラマの影響もあり、ショコラティを目指す女性も増えましたが、実際の仕事は体力勝負の重労働です。

一般的には朝早くから夜遅くまで働く長時間労働が多く、土日祝日やバレンタインデーを中心とした冬場は繁忙期になるため、休みを取るのが難しくなります。

結婚後はパートナーと休日が合わなかったり、家事をこなすのが難しい場合もあるかもしれないため、パートナーの理解があると安心です。

企業や店舗によっては結婚後の働き方の希望を聞いてくれたり、産休・育休制度が整っていて出産後も復職して、無理なく働き続けられる場合があります。

しかし小さな店舗では人手不足で制度が活用しきれなかったり、職場で理解が得られず、退職の道を選ぶしかない人もいるようです。

正社員で続けることは難しくても、時間の融通がきくシフト制で働けるアルバイトやパートで働けることもあるので、検討するのもよいでしょう。

ショコラティエは子育てしながら働ける?

ショコラティエは、子育てしながら働ける仕事です。

しかしショコラティエの仕事は朝から晩までの勤務が多いため、育休・産休制度や時短勤務の制度がしっかりと整っている企業や店舗でないと、出産前と同じように働くのは難しいかもしれません。

パートナーと協力して子育てしながら復職するショコラティエもいますし、アルバイト・パートに雇用形態を変えて、無理のない範囲で仕事を続ける人もいます。

中には独立開業して自分の店を持ち、子育てしながらオーナーとしてバリバリ仕事を続ける女性ショコラティエもいるため、働き方は人それぞれです。

フリーランスの場合は自分のペースで仕事をできるので、店舗に雇用されるよりも時間の調整がつけやすいメリットがあります。

ショコラティエは実力主義の仕事なので、これまでの知識や技術を生かして、希望に合わせた働き方をすることは可能でしょう。

ショコラティエは女性が一生働ける仕事?

女性ショコラティエの活躍が増えている

ショコラティエは女性が一生働ける仕事です。

たしかに立ちっぱなしの重労働で、妊娠中や体に負担を感じるときにはきつく感じることもありますが、一人前のショコラティエになれば性別に関係なく、実力で勝負をすることができます。

とくに女性ならではの細やかな視点や、美的センスを生かせることが強みで、お客さまである多くの女性を幸せにすることができることにやりがいを感じられるでしょう。

国内のみならず、海外を飛び回ったり、世界で注目される成功者も増えています。

雇用形態を柔軟に変えられる

チョコレート作りの技術と知識があれば、正社員にこだわらず、アルバイト・パート、フリーランスなどライフステージに合わせて雇用形態を柔軟に変えることもできます。

実務経験の年数がある程度あれば、子育てがひと段落してから、経験者として好待遇で復帰することも可能です。

またフリーランスとして独立開業して店舗を構えたり、インターネットで通信販売をすることもできるので、希望に合わせた働き方ができるでしょう。

これからショコラティエとしてのキャリアをスタートさせる人は、できるだけ長く勤められるように育休・産休制度が整っているかや、取得した先輩がいるのかを就業前に確認しておくと安心です。