弁理士の給与・年収

特許事務所の弁理士の給料・年収

弁理士は「高給取り」ともいわれる仕事ですが、実態としては年収700万円程度の人から、軽く1000万円を超える人までさまざまです。

給与は勤務形態や経験、勤務先によって異なります。特許事務所に勤務する弁理士の場合は各事務所から毎月給料が支払われますが、事務所の規模や地域、扱う業務の内容によって収入にはずいぶんと差があるようです。

一般的には「受注金額の1/3程度が給与」とされており、実力があればあるほど多くの収入を望めますし、実力がつけば、より良い待遇を求めて別の事務所へ転職する人もいます。

企業の弁理士の給料・年収

企業の知的財産部門に勤務する場合は、基本的に各企業の給与体系に沿った給料が支払われます。中小企業よりも大手企業のほうが給与水準は高い傾向にあります。

弁理士資格を取得した場合は、資格手当として5万円~10万円ほど上乗せされることもあり、直接的に手当として支給されない場合でも資格を取ることで昇進につながる可能性が高くなり、結果的に給料も上がっていくといえます。

また、独立開業した弁理士の中には、成功して年収2000万、3000万円以上稼ぐ人もいますが、全ては弁理士の腕にかかっています。

独立した弁理士は、勤務弁理士とは異なり、弁理士としての知識に加えて営業力や経営力も求められます。いずれにせよ、勉強を続けて常に自分自身を高めていくことを忘れなければ、どんどん高い給料を稼ぐことも夢ではありません。

待遇

弁理士の待遇は、給料と同じく職場によって異なります。特許事務所の場合も一般企業の場合も、各種社会保険や有給休暇制度などの基本的な待遇はほぼ必ずあると考えてよいでしょう。

福利厚生制度に関しては、非常に手厚い制度が整っているところもあれば、小さな事務所ではあまり充実してない場合もあります。

また、働きながら予備校やスクールに通って弁理士資格取得を目指す場合、その授業料を一部補助してくれる事務所もあります。