ベビーシッターの仕事内容

保護者に代わり、子どものお世話をする仕事

ベビーシッターとは、個人宅や民間の託児所、企業、イベント会場などにおいて、だいたい6ヵ月〜12歳までの子どもの保育・世話をする人のことをいいます。

ベビーシッター派遣会社に登録して派遣やアルバイト・パートとして仕事をする人が多くなっていますが、保育所やベビールームなどの企業に正社員として就職する人もいます。

さらには独立開業し、自分で事業としている人もいます。

ベビーシッターの大きな役割は、仕事や病気など、何らかの事情で保護者が子どもの面倒をみられないときに、一時的に親代わりとなって子どもの世話をすることです。

「世話をする」といっても、その内容はさまざまです。

子どもと一緒に遊ぶこともそうですし、トイレや食事、お風呂のお手伝いをしたり、本を読んであげたり、勉強するのをサポートしたりします。

また、子どもの身の回りの世話をするだけでなく、保育園への送迎を依頼されることもあります。

ベビーシッターが具体的に何をするかは、お客さまからの依頼によって異なってきます。

ちなみに、この仕事は「ベビーシッター」という名称ではあるものの、赤ちゃん、つまり乳児だけを対象としているわけではありません。

乳幼児を中心に、小学生を持つ家庭でもベビーシッターが利用されています。この場合、よりわかりやすくするために「ベビー&キッズシッター」と呼ばれることもあります。

家事代行サービスを併せて行うことも

依頼者のご家庭で子どもの面倒をみるベビーシッターは、あわせて日用品や食材等の買い物、お風呂・トイレ掃除、洗い物といった家事のお手伝いを引き受けることもあります。

保護者が仕事で忙しくなかなか家事にまで手が回らないケースや、出産直後や病気・ケガによって思うように身体が動かせない場合などにも、ベビーシッターが活躍しています。

さらに、子どもの教育、病児・障害児保育などに携わることもあります。

教育では、英語・ピアノ・絵画などを子どもに教える家庭教師の役割を担いますが、その場合、語学力など依頼された内容にあった専門知識が必要になります。

病児保育や障害児保育専門のベビーシッター

病児保育というのは、病気がち(熱が出やすいなど)な子ども、病み上がりで家庭で様子を見なければならない子どもの保育を行うことをいいます。

障害をもった子どもの世話や保育を行う、障害児保育を専門とするベビーシッターもいます。

これらの仕事をするには専門的な知識が必要になるため、保育士の資格や看護師免許を取得している人が求められることが多いようです。

働くうえで気を付けるべきこと

ベビーシッターは開業して働くこともできますが、この場合はかなりの経験が求められると同時に、大きな責任とリスクも伴います。

たとえば、仕事中に子どもにケガをさせたり、事故に遭わせてしまった。あるいは、お客さまの家庭の物品を破損・紛失してしまった場合には、大きなトラブルに発展しかねません。

実際、これまでベビーシッターによる事故は、いくつも発生しています。

子どもという大切な命を守っていく重みを十分に理解して、未経験者や経験の浅い人が開業するのは、やめておいたほうがよいでしょう。

なお、このようなトラブルは、もちろん雇われや派遣として働く場合でも起こり得ることです。

ベビーシッターとして働く際は、損害賠償保険に加入している会社で働くに越したことはありません。

「社団法人全国ベビーシッター協会」に加盟している会社を選べば保険も適用されるため、安心して働けるでしょう。