ベビーシッターと保育士の違い

資格の違い

ベビーシッターの資格

ベビーシッターの資格としては、「社団法人 全国ベビーシッター協会」が認定する「認定ベビーシッター」があります。

「認定ベビーシッター」は国家資格ではないため、この資格がなければ仕事ができないというものではありません。

資格を取得していない人でも、各ベビーシッター会社の採用条件をクリアしていれさえすれば、ベビーシッターとして働くことができます。

需要の高まりとともに、未経験者でも仕事ができる会社も増えているようです。

保育士

保育士として働くためには、「保育士」の資格が必要です。こちらは国家資格であるため、保育士として働くうえでは絶対に必要なものになります。

保育士の資格を得るためには、保育士国家試験を受験し、合格することが必要となりますが、試験を受けるうえでは学歴などの受験資格が定められています。

保育士の仕事

働く場所の違い

ベビーシッター

託児ルームなど保育関連の施設で働くこともありますが、基本的には、依頼者となるお客さまの自宅へ伺い、そのご家庭の子どもの世話をします。

また、人によってはベビーシッターの自宅で子どもを預かることもあります。

保育士

保育園や児童養護施設を中心に、保育関連の施設で働くことがほとんどです。

働き方の違い

ベビーシッター

ベビーシッターのサービスを提供する会社へ派遣登録をしたり、託児ルームや託児施設などに就職して働いています。

正社員もいますが、派遣やアルバイト・パートの人が多いことが特徴です。また、いわゆる個人でベビーシッター業を開業している人もいます。

保育士

保育施設での勤務が主となるため、各保育園や施設などで正社員あるいは契約社員としての採用試験を受けます。

派遣会社でも、保育士を募集することがあります。

子どもとの関わり

ベビーシッター

自分が世話をする子どもの数は1人、あるいは2人であることがほとんどです。

個別保育となるため、子どもと深く接し、その変化や成長を間近で見ることができます。

保育士

基本的には集団保育、つまり複数の子どもに対して、1人の保育士が配置されるケースが大半です。

一緒に働く人との関係

ベビーシッター

ベビーシッターの仕事は、基本的に自分1人で行います。そのため、同僚や先輩・後輩といった仕事上での人間関係はあまり深くありません。

ただし、子どもや保護者とは、深い信頼関係を築くことが求められます。

保育士

保育施設には複数の保育士が勤務しています。保育士同士で連携しながら、施設を運営させていくことが大切になるばかりでなく、栄養士や看護師など、保育士以外の人との関わりもあります。

これに加えて、子どもや保護者との関係性も出てくるため、ベビーシッターに比べると、人間関係はより複雑なものになりがちです。

似ている職業は他にもある

ベビーシッターや保育士のほかに、子どもと関わる職業としては、「幼稚園教諭」や「チャイルドマインダー」などが挙げられます。

幼稚園教諭の仕事

これらの職業はすべて子どもが関係していますが、それぞれ違う役割を担っています。

「子どもの成長を感じたい」「子どもと一緒に過ごせる仕事に就きたい」といったように考えている人は、それぞれの仕事内容や働き方をよく調べて、自分に合うものを見つけてください。