保育専門学校とは? 国家資格は取得できる? 学費や就職先まとめ

(読了時間:12分20秒)

何となく「子どもに関わる仕事がしたい」と考えている人が通う場所とイメージされている保育専門学校。

実際に、保育専門学校ではどのような勉強ができ、卒業するとどのような仕事に就くことができるのでしょうか。

このページでは保育専門学校の特徴や、卒業までに必要な学費、卒業生の就職先などについてまとめて紹介します。

保育専門学校とは

子どもと関わる職業や仕事はいくつも考えられますが、保育専門学校では、おもに「保育士」と「幼稚園教諭」を目指すために必要な知識・技術を身につけることができます。

どちらの職業も国家資格・免許が必要であり、それらを取得するには指定された養成施設で2年以上学ぶことが求められています。

その養成施設の一種が保育専門学校となっています。

保育専門学校のなかには、2年間で「保育士資格」と「幼稚園教諭2種免許状」の両方を同時取得できる学校もあります。

ちなみに、幼稚園教諭免許の種類としては「専修免許状」「1種免許状」「2種免許状」がありますが、このうち専修免許状は大学の修士課程などで、1種免許状は4年制大学、2種免許状は短大・専門学校などで取得できるものとなっています。

どの免許でもできる仕事の範囲に違いはありません。

保育専門学校では、現場で活躍した経験を持つ教師の下、実践的な指導に重きが置かれたカリキュラムが用意されています。

就職後に即戦力として活躍できるスキルを短期間で身につけやすいことが特徴です。

保育専門学校で勉強すること、授業科目

保育専門学校で勉強すること

保育専門学校に入学すれば、保育についてまったくの初心者であっても、座学で基礎の基礎から知識を習得し、実技の授業を通してそれを実践できるだけのスキルを身につけることができます。

このように、保育専門学校で学ぶことは、一般的な高校までの授業とは大きく異なるものになるといえるでしょう。

保育専門学校の授業科目

保育専門学校の授業科目としては、以下のようなものがあります。

・保育心理学
・身体表現
・子どもの保健
・音楽(ピアノ伴奏、歌など)
・造形表現(図工)
・体育実技
・食育

保育の現場では、運動や音楽、図工などを子どもたちに教えていく知識・技術が求められます。

覚えなくてはならないことはたくさんありますが、将来、保育の現場で働きたいと思っている人にとっては刺激的な毎日となるはずです。

保育士や幼稚園教諭を目指す

保育専門学校では、おもに「保育士」と「幼稚園教諭」を目指すために必要な知識・技術を身につけることができます。

どちらの職業も国家資格・免許が必要であり、それらを取得するには指定された養成施設で2年以上学ぶことが求められています。

その養成施設の一種が保育専門学校となっており、卒業と同時に保育士資格と幼稚園教諭2種免許の両方を取得できる保育専門学校が多くなっています。

なお、大学でも保育士や幼稚園教諭を目指すことができますが、専門学校では現場で活躍した経験を持つ教師のもと、実践的な指導に重きが置かれており、就職後に即戦力として活躍できるスキルを短期間で身につけることができるとされています。

また、保育専門学校では実習も多く設けられていることが特徴で、入学して1年次の早い段階から保育施設や幼稚園で実習が行われる学校もあります。

その他の資格取得が目指せる学校も

保育専門学校では、なにも保育士や幼稚園教諭としての就職だけが卒業生の進路となるわけではありません。

保育や子どもに関わる資格はさまざまあり、在学中、あるいは卒業後に以下のような資格取得が目指せる学校もあります。

・児童厚生2級指導員
・ピアヘルパー
・幼児体育指導者検定
・おもちゃインストラクター
・キッドビクスインストラクター
・チャイルドボディセラピスト3級
社会福祉主事任用資格

卒業生は、保育専門学校で身につけた多様な知識・技術を生かして、さまざまな保育の現場で活躍しています。

保育専門学校から目指せる職業・仕事

保育専門学校から目指せる職業・仕事

保育専門学校で学ぶ人の多くは、卒業と同時に保育士資格や幼稚園教諭2種免許状を取得し、それらの資格・免許を生かして保育士や幼稚園教諭として働いています。

なお、保育専門学校で学ぶと、「保育士」や「幼稚園教諭」の資格・免許のほか、在学中あるいは卒業後に「児童厚生2級指導員」「おもちゃインストラクター」「チャイルドボディセラピスト3級」といった、保育や子どもに関するその他の資格取得も目指せる場合があります。

保育園や幼稚園以外にも、保育の専門知識を持った人が働ける場はたくさんあります。

保育士や幼稚園教諭を目指す人がほとんど

保育専門学校に通う人の大半は、卒業後、保育士あるいは幼稚園教諭として働くことを目指しています。

・保育士について

保育士として働くには、一般に下記のどちらかの方法で保育士の国家資格を取得する必要があります。

(1)大学、短大、専門学校などの保育士養成課程で所定の課程を修了する
(2)保育士試験に合格する

保育士試験は特別な学校を出ていなくても受験することができるものの、難易度が高いこと、また専門的な知識・技術を身につけるために、実際には(1)の方法を選択する人が大半となっています。

保育士養成課程を置く学校はいくつもありますが、より短期間で実践的な教育が受けられる保育専門学校への進学を目指す人が多くなっています。

・幼稚園教諭について

保育専門学校では、幼稚園教諭を目指すことも可能です。

幼稚園教諭も国家資格であり、この仕事に就くには必ず幼稚園教諭の免許を取得しなくてはなりません。

保育専門学校では、2年間という時間で保育士と幼稚園教諭2種免許状の両方を同時取得できる学校もあります。

ちなみに、幼稚園教諭免許には「専修免許状」「1種免許状」「2種免許状」がありますが、専修免許状は大学の修士課程など、1種免許状は4年制大学、2種免許状は短大・専門学校などで取得できるものとなっています。

どの免許でもできる仕事できる範囲に違いはありません。

その他の職業や仕事

保育専門学校の卒業生の多くは、保育士あるいは幼稚園教諭として保育や教育の現場で活躍しています。

しかしそれ以外にも進路は考えられます。

たとえば、保育専門学校で身につけた知識・技術を生かして、公立あるいは私立の保育所勤務や企業内・院内保育、保育ママなどとしての活躍が挙げられます。

また、児童館や学童クラブ、母子生活支援施設、児童養護施設、児童発達支援センター、あるいはベビーシッターとして働いている人もいます。

保育専門学校によっては、在学中に、保育に関する民間のさまざまな資格取得を目指せるカリキュラムを組んでいるところもあります。

保育専門学校に進学する人の多くは、やはり保育士や幼稚園教諭を目指しているようです。

しかし、保育施設や幼稚園以外にも保育の知識・技術を持っている人が求められる場はたくさんあります。

保育専門学校で学んだことをどう生かしていきたいのかイメージしてみましょう。

保育専門学校の学費、費用

保育専門学校の学費

保育専門学校の多くは、昼間部・2年制となっています。

学費は学校によって違いがありますが、年間の合計は100万円~120万円程度というのが相場となっているようです。

1年次は入学金を納入する必要があるため、授業料など以外に20万円前後が必要になるでしょう。

卒業までの2年間での学費は200万円前後となるのが一般的です。

なお、夜間部の場合は昼間部よりも少々学費が安めになっていることが多いようです。

保育専門学校の費用

多くの保育専門学校において、学費には入学金、授業料、施設維持費、実習費が含まれています。

これ以外に、教科書代・教材費や授業で使用する道具の費用、同窓会費、卒業アルバム制作代、研修旅行費などが必要になることが多いです。

そのため、先に挙げた学費に加え、10万円以上はかかってくると考えておいたほうがよいでしょう。

また保育専門学校によっては、保育士に加えて幼稚園教諭免許状の取得希望者は、諸費用として別途必要になることがあります。

ただし、学費に含まれる項目と含まれない項目は専門学校によって異なります。

学費以外にかかる費用も含め、卒業までにどの程度のお金が必要になるのか早いうちに調べておくことをおすすめします。

学費サポートについて

保育専門学校では、金銭面で不安を抱えている人に対して、安心して卒業まで学び続けられるようにさまざまな学費サポート制度が用意されています。

このような制度は学校によって内容が異なりますが、代表的なものとしては奨学金制度です。

奨学金制度はおもに、成績優秀でありながら経済的理由によって修学が難しい学生に対して一部のお金が貸与または給付されるものとなりますが、学校ごとに独自の奨学金制度が定められています。

そのほか、公的な奨学金、国や民間の教育ローンなどを利用して、在学中の金銭の負担を軽くしながら学ぶことも可能です。

さらに、各学校で定められている条件(特定の資格取得や学歴・職歴など)を満たしている人や、特定の入試方法を選択した場合などに、学費の一部が免除されるような制度を設けている学校もあります。

保育専門学校で学ぶには、ある程度まとまったお金が必要になります。

早いうちに学費を確認しておき、金銭的に不安を抱えている場合には、学費サポート制度を利用することができないか調べてみるとよいでしょう。

保育専門学校の就職先、就職率、卒業後

保育専門学校の就職先

保育専門学校で学ぶ人の多くは、保育士資格や幼稚園教諭2種免許状を取得し、それらの資格・免許を生かして保育士や幼稚園教諭として働いています。

代表的な就職先としては、幼稚園や認定こども園、保育所(公立・私立)が挙げられます。

そのほか、乳児院、児童養護施設、母子生活支援施設、児童発達支援センター、児童館といった児童福祉施設でも保育士資格を持つ人が就職できることがあります。

その他の就職先もある

共働き世帯、働く女性が増えていることによって、子どもを預けたいと考える人も増加し、保育の専門知識・技術を持っている人が活躍できる領域はさらに広がっています。

たとえば企業内の保育施設、病院内の保育施設、デパートの託児施設などでも、保育士の資格を持つ人が求められています。

さらに、「訪問型保育」と呼ばれるベビーシッターの需要も増しているようです。

保育士や幼稚園教諭というと、集団で子どもを見るというイメージがあるかもしれませんが、働き方によっては1対1あるいは1対少数の子どもの保育に携わることも可能です。

保育専門学校では、保育士や幼稚園教諭のほか、「児童厚生2級指導員」や「ピアヘルパー」といった保育に関連する各種資格を取得できるところもあります。

そうした資格を生かし、多方面へ就職することができるでしょう。

保育専門学校の就職率・卒業後

保育専門学校では、入学直後から卒業後の就職を意識した授業やガイダンスが行われます。

実践的な授業も多くあるのはもちろん、現場で働く卒業生の講演、就職説明会、進路相談、就職活動のための面接指導などが行われています。

また、公立の保育士や幼稚園教諭を目指す人向けに、学校で公務員試験対策講座が行われることもあります。

そうしたさまざまなサポートに力を入れ、結果的に「就職率100%」に近い数字を誇っている保育専門学校も珍しくありません。

保育専門学校には、本気で保育士や幼稚園教諭になりたいと考える人が大勢集まるため就職率も高くなっていますが、希望通りの就職を実現させるためには日々の努力が不可欠です。

保育専門学校で過ごす日々は忙しいものになりがちですが、夢に向かって真剣に頑張っていれば、きっと就職活動を成功させることができるでしょう。

保育専門学校の入試、志望動機、面接

保育専門学校の入試方法

保育専門学校の入試制度は、大きく分けて以下の3種類があります。

・一般入試
・推薦入試
・AO入試

一般入試は、受験資格を満たす人であれば誰でも出願できる選考方法です。

書類審査や作文、面接などの結果によって合否が決定されます。

推薦入試は、高校の学校長などの推薦によって出願できる選考方法です。

また指定校推薦といって、各保育専門学校が指定する高校の学生に限って応募できる入試方法もあります。

書類審査や面接で合否が決定されることが多いです。

AO入試では、高校までの学業の成績よりも、おもにこれから保育専門学校で学びたいという意欲や人柄によって選考され、学校側の求める学生像と照らし合わせて合否が決定されます。

保育専門学校の志望動機の考え方

保育専門学校を受験するときに、時間をかけて考えておきたいのが志望動機です。

志望動機は、エントリーシートなどの書類に書かなくてはならないこともありますし、面接などの場で直接口に出して伝える機会もあります。

志望動機の内容によって、合否が変わってくることもあるといわれるほどですので、ぜひしっかりと考えておきましょう。

なお、志望動機は基本的に正解がないため、自分の素直な思いをまとめていけば問題ありません。

誰にでも、保育専門学校に入りたいと思った理由があるはずです。

「なぜ、保育士や幼稚園教諭になりたいと思っているのか」「保育専門学校で学んで、どのようになりたいのか」などについて、自分自身と向き合って考えてみましょう。

また、たくさんの保育専門学校があるなかで、その学校を志望する理由も明確にしておきましょう。

「学校見学をした際に在校生が優しくしてくれた」「〇〇の授業や学校のイベントに魅力を感じている」など、できるだけ具体的な考えを述べられると説得力が増すでしょう。

保育専門学校の面接のポイント

保育専門学校では、どのような入試方法を選んだとしても、たいてい面接(面談)が行われます。

面接では、おもに受験生の人柄や、入学に対する熱意・意欲が判断されます。

あまり難しく考える必要はありませんが、志望動機を中心に、保育専門学校で学びたいという本気の意思を伝えましょう。

また、面接では自己アピールを求められることもあるため、たとえば高校までの部活動や委員会、勉強、地域のボランティア活動など、頑張ってきたことのエピソードをまとめておくとよいでしょう。

もちろん、服装や髪型など身だしなみに気を付けて臨むことも重要です。

そして、明るく元気に、笑顔でハキハキと答えるように心がければよいでしょう。

入試については誰もが不安を覚えるところかと思いますが、事前に志望校の入試方法をよく確認し、きちんと対策をしておくことで少しでも安心して本番に臨めるでしょう。

入試の詳細は、各学校のホームページなどで確認してみましょう。

保育専門学校のオープンキャンパス

保育専門学校のオープンキャンパスとは

保育専門学校のオープンキャンパスとは、各専門学校が、その学校を志望する学生などに対して一般公開するイベントのことをいいます。

学生にとっては、学校の魅力や特徴をわかりやすく知ることができるとともに、施設や設備を目で確かめることができたり、在校生や講師とのコミュニケーションの機会にもなります。

ちなみに保育専門学校のオープンキャンパスでは、同時に入試の個別相談会、学校見学会、体験授業などが行われることが多くなっています。

当日行われるさまざまなイベントを通して、保育専門学校で学べることをより深く理解できるはずです。

また、その学校の雰囲気が自分に合うかどうかもある程度判断することができるでしょう。

保育専門学校のオープンキャンパスの内容

保育専門学校のオープンキャンパスでよく行われているのが体験授業です。

体験授業では、実際にその学校に通う学生になったつもりで、お試し版といえる授業を受けることができます。

模擬授業の内容は座学であったり実技であったりさまざまですが、実際に保育の現場で必要とされる知識・技術に触れることができ、初めて保育について学ぶ人はワクワクすることでしょう。

保育の仕事に対する魅力もより実感することができるのではないでしょうか。

保育専門学校のオープンキャンパスの参加の注意点

保育専門学校のオープンキャンパスは、おもに高校生の夏休み期間中に行われています。

一つの学校あたり、何日かに分けて複数回実施することが多いため、都合のよい日に参加することができます。

学校によっては、体験授業などに参加するには事前申し込みが必要な場合がありますので、学校のホームページなどをよく確認してください。

服装はとくに指定がない場合がほとんどですが、高校生であれば学校の制服、もし制服がない場合もスーツなどきちんとした格好をしておくほうが好ましいとされています。

オープンキャンパスは楽しいものですが、志望先の学校の先生や在校生たちに見られているという気持ちを持って、真剣に臨むように心がけたいものです。

保育専門学校のオープンキャンパスへの参加は義務ではありませんが、参加すれば専門学校のことを良く知ることができ、仕事への理解が深まるといったさまざまなメリットがあります。

入試に関する不明点や不安なことも解消できる機会になりますので、ぜひ積極的に参加してみてください。

保育専門学校では、「保育士や幼稚園教諭になりたい」という強い意思と目的意識を持つ学生が学んでいます。

おもに2年間という短い時間で密度の濃い授業が行われており、現場で求められる知識や技術を効率的に身につけることができます。

具体的なカリキュラムや就職サポート体制などは専門学校ごとに異なるため、各学校のパンフレットやホームページを見て、いろいろな情報を比較しながら志望校を決定するとよいでしょう。