幼稚園教諭の働き方の種類・雇用形態

幼稚園教諭の雇用形態

公立の幼稚園の場合、身分は公務員となり、いわゆる正社員と同じ雇用形態で働きます。

私立の場合、幼稚園によっての差がありますが、正社員だけでなく、アルバイトやパート、派遣の幼稚園教諭がいる場合もあります。

正社員の幼稚園教諭

公立の幼稚園で公務員となって働く場合、また私立幼稚園で正社員として働く場合は、基本的に雇用主から解雇されることはなく、自分で辞める意思を持たない限りは定年まで働くことができます。

公立の幼稚園ではほとんどの人が公務員の身分で働いていますが、なかには非常勤職員として働く人もいます。

また私立幼稚園では正社員は少なく、アルバイトやパート、契約社員として働く幼稚園教諭も多いようです。

派遣の幼稚園教諭

派遣の幼稚園教諭という働き方

幼稚園で働きたいが、時間の都合がつきにくいなどという理由で派遣の幼稚園教諭とした働く人もいます。

派遣の場合、担任の先生の補助として扱われ、担任が子どもをまとめている間にペースの遅い子どもの援助をしたり、全体的な援助を行ったりします。

派遣会社に登録する

派遣なら年度の途中でも就職することができます。

派遣会社に登録する方法の他、公的機関(ハローワークなど)でも募集がある場合があります。

派遣の幼稚園教諭の給料は、地域にもよりますが相場は800円から1,000円程度といわれています。

自分の希望した時間をある程度は融通をきかせてくれるので、家庭を持っている人でも比較的働きやすい環境ですが、幼稚園によっては短時間勤務は認めないという場合もあるため注意が必要です。

また、派遣の幼稚園教諭の募集は保育士に比べると少なく、狭き門となっています。

紹介予定派遣の幼稚園教諭

派遣会社に登録しておくと「紹介予定派遣」をしてくれる可能性があります。

紹介予定派遣とは、はじめは派遣社員として幼稚園で働き、幼稚園側・派遣社員側が合意するとその幼稚園で正社員として働くことができるというシステムです。

この紹介予定派遣のメリットは幼稚園の内側を把握でき、給料なども理解できるということです。

派遣社員側も納得して幼稚園を選ぶことができるので、正社員として働いてもそれほど苦労・不満がなく働きやすいというメリットがあります。

アルバイト・パートの幼稚園教諭

アルバイトやパートとして幼稚園教諭で働く人もいます。

特に私立幼稚園に多く、園児が登園する10時から14時頃までの短時間働いたり、預かり保育をする午後から夕方の時間だけ働いたりする人など、働き方はさまざまですが、担任を持つことは少ないため負担が少なく、家庭と両立したい主婦などが働くことが多いようです。

アルバイトやパートとして働く場合も、子どもたちから見るとひとりの先生となるため、正社員の先生同様しっかりと子どもと向き合う必要があります。

幼稚園によっては、幼児教育や保育を学ぶ学生をアルバイトとして雇い、実習を兼ねて子どもの相手をさせることもあるようです。