素材メーカーに特有の職種

素材メーカーでは、さまざまな職種に就く人たちが、それぞれの専門分野で力を発揮しながら働いています。

企業によって職種名には多少違いがありますが、素材メーカーで働く人の職種は大きく「技術系」と「事務系」に分けることができます。

ここではそれぞれについて紹介していきます。

技術系の職種

製品の研究・開発、生産などを行う仕事です。

研究

新しい素材を生み出すための基礎研究や、応用研究に携わります。

「ものづくり」の原点となる、メーカーには不可欠な仕事です。

開発

お客さまの要望を拾い上げた営業などからの依頼を受け、素材の試作と開発を行います。

各メーカーとも技術力を高めることに力を入れており、さまざまな技術の組み合わせによって新しい技術の研究を深めていきます。

生産

素材を生産するために用いる設備の設計や保全などに携わります。

より良い素材を製造していいくためには、優れた生産プロセスや設備が不可欠です。

そうした「エンジニアリング」の仕事に携わっていきます。

品質管理

高品質な素材を正しい手順によって安定的に製造し、提供するための管理を手掛ける仕事です。

顧客から求められる品質への対応と、製造プロセスやルール・しくみの見直し・改善などを行います。

事務系の職種

営業

新規のお客さまの獲得や、既存のお客さまとも継続的な取引ができるように提案を行います。

素材メーカーでは、その大半が受注生産となっているため、どれだけお客さまと信頼関係を築けているか、お客さまのニーズを把握できているかが重要であり、営業に力を入れている企業は多いようです。

専門的な内容となることも多いため、研究部門や開発部門との連携が欠かせません。

素材メーカーによっては海外に顧客を持つこともあります。

管理

総務、人事、経理・財務、法務などの職種で、全社的な仕事を担当します。

会社の制度や働く環境づくりに関わったり、従業員の勤怠管理や備品調達、採用・教育などにも携わっていきます。