消費財メーカー社員の仕事、業務内容

消費財とは何か

「消費財」とは、消費者が個人や家庭で使用する目的で購入する製品のことをいいます。

具体的には、広く見ていくと、洗剤、化粧品、トイレタリー用品、ヘアケア用品、衣料品、家電、食品、飲料、ペットフード用品などが挙げられます。

消費財メーカーは、こうした製品を製造、販売する企業のことをいい、そのような企業で働く人が消費財メーカー社員です。

なお、消費財に対比する言葉が「生産財」であり、生産財は、企業と企業の間で取引がなされることが特徴です。

消費財ビジネスの特徴

消費財は私たちの生活にとって身近なものであることからもわかるように、消費財ビジネスは「BtoC」といわれるビジネスの代表格といえます。

消費者のニーズは多様で、変化も激しく、個人の好みや価値観、世の中のトレンドや景気にも大きな影響を受けるビジネスとなります。

したがって、消費財メーカーでは消費者ニーズを深く掘り起こして研究し、その時々で「売れる」商品を作り続けていく姿勢が必要になってきます。

市場が成熟すると、消費者ニーズはさらに進化、多様化し、商品に対する要求も高度なものとなります。

どんな仕事がある?

消費財メーカーといっても規模は会社によってまちまちであり、大手になると、洗剤や紙おむつから化粧品、小型家電製品など、多岐にわたる商品を製造・販売しています。

消費財メーカー社員がどのような仕事に携わっているかは、会社の事業展開によって異なりますが、以下のようなものが挙げられます。

・研究
・技術開発
・生産、製造
・品質保証
・購買、調達
・マーケティング、商品開発
・営業、販売
・クリエイティブ
・総務、人事、経理、広報など

消費財メーカーでは、どのような製品を作るか考え、工場で製造を行い、売れるしくみを作っていくまでの一連の流れがあります。

細かく分けていくと、製造に必要な技術を開発する人や生産が終わった製品を検品する人まで、じつにさまざまな仕事があり、一人ひとりの社員が役割分担をして活躍しています。