女性の消費財メーカー社員

多数の女性社員が活躍している

消費財メーカーでは多数の女性社員が活躍しています。

消費財は、私たちのような一般の人々にとっても身近な商品であることから馴染み深く、ユーザーに近しい商品を扱う仕事に就きたいという気持ちから、消費財メーカーを志望する女性がたくさんいるようです。

また、化粧品やヘアケア商品といった、女性に受け入れられやすい商品を扱うことも、女性にとって親しみを感じる要素となるのでしょう。

業界トップクラスの大手企業になると、全体の社員数は数千人単位と大きなものとなり、扱う製品の種類や数も多岐にわたります。

社内の組織はいくつもの部署に分かれることになり、部署によっては、そのほとんどを女性社員が占めているようなこともあるようです。

消費財メーカーには、営業、マーケティング、研究、製造など多岐にわたる仕事がありますが、研究や製造は男性の割合が大きく、営業やマーケティングは女性が比較的多くなっているようです。

管理職に就く女性社員も

大手消費財メーカーでは、女性の積極的な活躍を推進している会社が目立ちます。

管理職に就く女性社員の割合も時代とともに少しずつ増えており、男性と同じように、キャリアアップが目指せるようになっているといえるでしょう。

また、社内制度や福利厚生などの面で女性にとって働きやすい環境を整える企業も多く、結婚や出産をしても仕事を続けている女性社員はたくさんいます。

外資系消費財メーカーでの活躍も

大手といわれる消費財メーカーのなかには、P&Gユニリーバといった有名な外資系企業もあります。

外資系企業では、日系企業以上に働き方などで男女の差がないとされており、ビジネスの第一線でバリバリと働いていきたい女性は、こうした企業を目指してみてもよいでしょう。

外資系企業の場合、成果主義の色が強くなりやすいため、日常の中でも厳しさを感じることもあるかもしれません。

しかし、頑張った分だけしっかりと評価してもらいたい、フラットな組織で働きたいと考える人には適しているといえそうです。