消費財メーカーに特有の職種

さまざまな職種の社員が働いている

消費財メーカーでは「消費財」に分類される商品を作り出し、世の中に提供しています。

そのような会社では、消費者のニーズを探る仕事、商品のコンセプトを考える仕事、製品開発につながる技術を研究する仕事、商品の品質を保つ仕事、パッケージのデザインをする仕事など、さまざまな種類の仕事があります。

ここでは、そんな消費財メーカーに特有の職種と、仕事内容について紹介していきます。

消費財メーカーの代表的な職種

マーケティング

商品の企画や販売戦略の立案を行います。

世の中で何が求められているのか、生活者はどのような商品を必要としているのかなど、ニーズを探り、コンセプトや製品設計を企画していきます。

BtoCビジネスの代表格である消費財メーカーにとっては、事業の根幹と成長のカギを握る重要な職種です。

営業(セールス)

自社製品の特徴やブランドの価値を世の中に伝え、より多くの人々に製品が届くような施策を考えていきます。

得意先(小売店・量販店など)への営業活動が中心となり、店舗での売場や売り方まで考えていくことになります。

得意先との信頼関係を築き上げ、自社のファンを増やすと同時に、得意先の売上拡大にも貢献できる仕事です。

研究

製品の研究開発を行います。

新しいものづくりのために、日々進化し続ける技術を研究してどのように応用していけばよいのかを実験したり、時代のニーズにマッチする環境負荷の低い原材料や製品の研究開発を行ったりします。

すぐに成果が出ないことも多々ありますが、地道な研究活動は、製品の「安全・安心」を守ることにもつながります。

生産技術・技術開発

工場における生産活動に必要な設備や電気などの管理、保全などに携わったり、より低コストで、質の高い製品を納期を守って生産できるような体制を整えていきます。

また、社内で立ち上がった新製品や改良品の提案に対して、どのような設備で製造できるかを検討して実現化させていきます。