仕事体験談

売り上げが目標を越えればモチベーションに

回答者 : xyzさん(男性/35歳)

職業名 : 販売員現在の状態 : 経験者経験年数 : 5年

仕事内容
新潟県で20店舗ほどを展開する食品スーパーで、従業員は1500人ほどの、県内では中堅の食品スーパーです。

担当は、精肉部門の販売員です。

大学で商業系の学科に在籍していたので、サービス業を志望していました。
仕事のやりがい
販売員のやりがいは、やはり、自分で立てた仕入れ計画通りの売り上げになることと、売り上げが上がることです。

仕入れ計画は、前年の実績、天候、季節などによって算出しますが、多すぎれば在庫過多になりますし、少なければ欠品してしまいます。

売り上げが目標を越えればモチベーションになります。
覚悟しておいた方がいいこと
サービス業なので、勤務形態は当然シフト制になります。

勤務日と休日の感覚がまちまちになるので、生活のリズムが狂いがちです。

出勤時間も早番と遅番があるので、睡眠時間のとり方など体調管理も難しくなります。

シフトの谷間もあるので、残業は多めです。
給料・待遇
業績は悪くないほうだったので、毎年割と多めの昇給がありました。

初任給は20万円ほどです。

役職がついたり社内試験に合格して等級を上げていくと、昇給のペースも早まります。

ボーナスは年2回でだいたい2カ月分程度でした。
この職業の恋愛・結婚事情
勤務時間や休日が不規則なので、社内恋愛、社内結婚が割と多めです。

社内でも休日が異なるので予定を合わせるのは正直難しい部分があります。

レジ業務は女性が大半を占めていますが、結婚を機に大抵退社するので、人員の入れ替わりのサイクルは早いほうです。

結婚出産がひと段落するとパートで復帰することも多いです。
この職業を目指す人へのメッセージ
部門の管理者になると、年商1億円の商店を任されたのと同じことになりますので、売り上げを上げたり数字として結果が残ることに喜びを感じられる人には向いていると思います。

他社との競合は激しい業界なので、どの企業がどんな理由で伸びているのか見極めることが重要です。