理学療法士の求人状況・就職先選びのポイント

理学療法士の就職先にはどんなところがある?

理学療法士の就職先として最も一般的なのは病院やクリニックなどであり、理学療法士全体のうち、およそ6割が医療施設で働いています。

ただし、その事業内容はさまざまで、ありとあらゆる患者を受け入れる総合病院もあれば、リハビリに特化した回復期リハビリテーション病院、個人経営のクリニック、スポーツ整形外科もあります。

次に多いのは、介護老人保健施設や老人ホーム、デイサービスセンターといった介護施設で、全体の2割ほどが働いています。

また、近年は高齢者数の増加によって、病院や施設に入所できず、自宅療養する人が増えているため、訪問リハビリテーション事業所や訪問介護事業所からの需要もかなり強くあります。

そのほかにも、フィットネスジムなどでスポーツトレーナーとして働く人や、地方自治体の運営する保険センターで公務員として働く人、介護用品や補助装身具などのメーカーで働く人もいます。

理学療法士の勤務先の種類と活躍の場

理学療法士の求人の状況

近年は理学療法士の養成施設が増加した影響もあり、理学療法士の資格保有者数は10万人を超えています。

このため、多くの人が就職を希望する病院などの医療施設では、理学療法士は飽和状態に近づきつつあり、就職するためにはかなり厳しい倍率をくぐり抜けなければならない状況です。

一方、介護業界については、元から志望者がそこまで多くないうえ、離職率も医療施設より高めであり、慢性的に理学療法士は不足しています。

国家資格さえあれば、たとえ実務未経験でも、さまざまな施設のなかから就職先を選ぶことができるでしょう。

今後についても、さらに高齢者が増加するにつれて、訪問リハや終末期の緩和ケア、健康寿命を延ばすための予防リハなど、さまざまな介護分野で理学療法士が求められるようになる見通しです。

医療関係の就職はやや厳しいとはいえ、理学療法士全体でみれば、求人数はまだまだ増加していく方向にあります。

資格保有者数がかなりのスピードで増え続ける環境にあっても、少なくとも就職先に困るということは考えにくいでしょう。

理学療法士の就職先の選び方

どんなリハビリを行いたいかで選ぶ

一口にリハビリといっても、その手技や訓練の内容、目的などはさまざまであり、医療施設と介護施設では異なりますし、また同じ医療施設のなかでも、急性期の病院と回復期の病院では違いがあります。

さらに、通常のリハビリとは違って、スポーツ選手や部活動を行う中高生などを対象に、競技への早期復帰を目指すスポーツリハビリという分野もあります。

就職先を選ぶ際には、まずは自分が理学療法士としてどのような業務を手掛けたいかという視点で、各施設を比較検討してみるのがよいでしょう。

職場の雰囲気で選ぶ

理学療法士の就職先はかなり幅広く、職場によって雰囲気はまったく異なります。

スタッフ全員の仲が良く、患者・施設利用者も皆前向きにリハビリに取り組んでいるという職場が理想ではありますが、すべての施設がそうとは限りません。

リハビリには数多くの手法がありますので、治療方針を巡って意見が対立することもしばしばあり、なかには派閥のようなものが生まれている職場もあるようです。

医療はチーム作業ですので、患者に最適なリハビリを行うには、職場の人間関係は非常に大切ですし、自分自身のモチベーションにも強く影響します。

自身の興味の有無を問わず、できる限りさまざまな施設に実際に足を運んで、職場の空気を確かめてから就職先を選ぶことをおすすめします。

身につけたいスキルで選ぶ

理学療法士は、自分がもつ知識やスキルを高め、成長し続けることができる職業です。

したがって、自分がスキルアップしやすいかどうかという観点から就職先を選ぶという方法も考えられます。

回復期リハビリテーション病院など、作業療法士との連携が多い職場では、作業療法のスキルが身に付きますし、言語聴覚士がたくさん働いている職場なら、発話や摂食のリハビリスキルを養えます。

また、介護施設で働けば、福祉に関する知識や、施設の経営方法などが学べるかもしれません。

理学療法士の数が増えている状況だからこそ、将来にわたって安定的に働くためには、理学療法士としてのスキルに加えて、プラスアルファのスキルも身につけておくことが重要になりつつあります。

理学療法士の志望動機・面接

理学療法士の業務がリハビリに特化していることもあって、志望動機はどうしても似通った内容になってしまいがちです。

しかし、上述したように理学療法士の資格保有者が増え、競争は徐々に厳しくなっていますので、内定を得るためには、ほかの就職希望者との差別化を図ることが必要といえます。

志望動機を考える際には、学生時代やアルバイトでの経験、臨床実習での経験などを踏まえて、多少粗削りでも自分なりの意見をまとめるようにしましょう。

また、面接においては、理学療法士には複数の分野にまたがったさまざまな就職先がありますので、どうしてその業界を選んだのか、どうしてその施設を選んだのか、理由を問われることになります。

事前に各施設の特色や運営方針などを調べたうえで、「ここでなければならない」という必然性が感じられる回答を述べられるよう、入念に準備しておきましょう。

理学療法士の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

理学療法士が就職先を探す最も一般的な方法は、通っている養成校宛てに届く求人情報を参照することです。

養成校ごとに、パイプの太い医療法人や介護福祉法人、一般企業などがありますので、そのなかから自分の希望に合致した施設を選び、必要に応じて見学などを行って、面接試験に臨みます。

もちろん、学校に頼ることなく自力で就職先を探すことも可能であり、一般の求人サイトやエージェントを利用する方法も考えられます。

また、医療関係の合同就職説明会に参加すれば、各施設の人事担当者から直接話を聞くことができますので、就職先選びに非常に役に立つでしょう。

ただし、理学療法士は、多彩なジャンルの就職先がありますので、人によってはどの職場にすべきか悩むこともあるかもしれません。

判断に迷う場合は、一般的な転職サイトよりも、理学療法士の求人が多い理学療法士専門の求人サイトに登録することをおすすめします。

なかでも、理学療法士専門の求人サイトであるマイナビコメディカルは、専門のキャリアアドバイザーの丁寧なサポートを受けることができますので、一度相談してみるとよいでしょう。

就職先を探すなら専門の求人サイトがお勧め

理学療法士として就職先を探すなら、リハビリ職専門の求人サイトがお勧めです。

リハビリ職専門の求人サイトは、一般的な求人サイトよりも理学療法士の求人が多く、探しやすいからです。

また、PT・OT人材バンクなら、専門のパートナーがあなたの志望動機や面接の対策を行ってくれます。

競争率の高い職場に就職したいなら、志望動機は入念に練らなければいけません。たくさんの就職支援をしてきたプロの指導で、あなたの魅力を引き出す志望動機を作りましょう。

PT・OT人材バンクは、登録から求人の応募まで全て無料です。少しでも興味があれば、サイトを覗いてみてください。