映像制作会社社員に必要な資格やスキルはある?

映像制作会社社員におすすめの資格は?

映像や編集のスキル

映像制作会社のメイン業務である映像制作は、制作者自身のセンスやアイデアが問われるクリエイティブな仕事です。

筆記試験や実技試験に合格すれば能力が証明できるものでもなく、働く上で必要な資格や免許というのは特にありません。

もちろん映像作品に関する知識は必要とされますが、基本的には学歴や資格ではなく本人の資質が重視されると理解しておくとよいでしょう。

業務の都合上「自動車免許」を必要とする場合はありますが、それ以外においては特に必要な資格はないことのほうが多いようです。

何か勉強したいのであれば、撮影や編集に関する基礎的なスキルを身につけておくと、入社後に即戦力として働きやすくなるでしょう。

映像クリエイターを養成する専門学校ではこのようなスキルを学ぶこともできます。

コンテストの受賞歴

資格や学歴、スキル以外で就職試験の際にひとつの強みとなるのは、映像関係のコンテストやコンクールにおける入賞歴です。

日本国内の有名なコンテストとしては「ぴあフィルムフェスティバル」や「CGアニメコンテスト」「ミニミニ映像大賞(NHK)」などがあります。

いずれもアマチュアの映像作品の参加を広く受け入れているので、学生が入賞することも珍しくありません。

将来的に映像ディレクターやクリエイターを目指している人も多く参加しているといわれるコンテストです。

就職前に実力を試すために挑戦してみるのもよいのではないでしょうか。

たとえ優秀賞を逃したとしても、審査員からコメントをもらえることがあるので、自分の作品と向き合う貴重なチャンスとなるでしょう。

映像制作会社社員のカメラマンに有利な資格

近年では家庭向けに販売されているビデオカメラも非常に性能が高くなっています。

カメラマンを目指す人は就職前にこうした機材を触ることで、扱い方がわかるようになるでしょう。

また、映像制作会社でカメラマンとして働く場合、車を運転しなければいけないこともあります。

撮影場所を探したり下見をしたりするロケハンのときや、さまざまな機材を積んでいくロケのとき。

専任のドライバーがつくこともありますが、予算やスケジュールの関係で自分で車を運転しなければならないことがあるのです。

特にアシスタント時代は先輩カメラマンに代わって運転を担当する可能性があります。

就職試験の際に免許や運転経験を尋ねられることもあるようです。

カメラマンを目指すのであれば、入社前にできるだけ自動車免許を取得しておくとよいでしょう。

映像制作会社社員の編集に有利な資格

映像編集をする人は、思い描いた映像を作るために編集用の機材を使いこなすスキルが求められます。

どんな機材やソフトを使っているかは企業によって異なりますが、よく使われているのはAdobe PremiereやAfter Effectsなどの編集ソフトです。

また、映像加工のソフトであるPhotoshopを使うこともあります。

このような編集ソフトのなかには能力を認定する試験が行われていることがあるので、力をつけるために受けてみるのもよいでしょう。

もうひとつ、映像を編集する上では、絵や音楽に関するスキルが役立つこともあります。

美術部で絵を描いた経験や、音楽サークルで楽器演奏に励んだ経験を、思いがけない形で仕事に生かせる日が来るかもしれません。