電力会社社員に特有の職種

どのような業界にも、その業界や企業特有の職種というものが存在します。

電力会社の場合、職種は大きく「事務系」と「技術系」の2種類に分けることができるため、ここではそれぞれについて特有の職種を紹介します。

事務系の職種

営業・販売促進

一般家庭や事業所に対して電気の使用に関する契約の締結、月々の電気の使用量のお知らせ、電気料金の計算・請求・受領のほか、最適な料金メニューや機器・システムを提案し、電気の効率的な利用を推進します。

用地

発電設備、送電・変電・配電設備などの計画的建設に向けた用地の取得・管理を行います。

資材

事業に必要とされる資機材や、社内で利用する備品の安定的な調達業務を担当します。

燃料

燃料戦略の立案および調達を行います。世界各国の調達先から、価格変動や需給バランスを把握したうえで安定した調達を実現します。

技術系の職種

電気系

発電所の運転・メンテナンスを行う「発電」、電力・通信ネットワーク設備や配電設備の保守管理などを行う「送電・変電」「配電」など、電気の供給に関わるあらゆる業務に携わります。

機械系

おもに火力・原子力発電所での運転および設備メンテナンスなどを担います。

また、効率よく環境への負荷を低減した新たな発電方式の開発や導入にも取り組みます。

化学系

おもに火力・原子力発電所での運転および設備メンテナンスなどに携わるとともに、環境管理、原子力発電所の使用済燃料の再処理、放射性廃棄物の処理など環境保全に関する課題にも取り組みます。

土木系

発電所や変電所などの土木関係設備の計画・設計・施工管理および維持管理を行います。

建築系

発電所や変電所建物および事務所建物などの計画・設計や工事管理および維持管理を行います。