登録販売者の就職先、活躍の場

薬局とドラッグストアが基本

登録販売者の就職先として最も代表的な場所は、薬局やドラッグストアです。

登録販売者は、薬剤師と同じく一般用医薬品を販売するために必要となる資格であるだけに、それらを置いてある店であれば、どこでも活躍できる可能性があります。

なお、これらの店は小型店舗もあれば大手チェーンもあります。全国や各地域に店舗がある企業に正社員として就職する場合は、転勤を求められることもあるようです。

そのほか、調剤薬局を併設していたり、病院と連携して地域医療ネットワークの構築を積極的に行っているような店舗もあります。

一見、同じように見える薬局やドラッグストアでも、運営方針はそれぞれ異なっています。

活躍の場は拡大中

近年は、上記で挙げた薬局やドラッグストアのほかにも、コンビニやスーパー、家電量販店、大型ホームセンターなど、一般用医薬品を販売する店舗の種類は広がりを見せています。

それに伴って登録販売者の活躍の場は拡大しており、さまざまな選択肢の中から就職先を選ぶことができるようになっています。

薬局やドラッグストア以外の店も、規模や立地などによって職場環境や雰囲気はだいぶ異なります。

大型店舗になれば、その分だけ関わるスタッフの数やお客さまの数は多くなります。

週末ともなれば遠方から足を運ぶお客さまもおり、忙しい中で効率的にテキパキと動くことが求められます。

一方、地域密着型の小さな店舗であれば、基本的には近隣にお住まいのお客さまが中心となります。一人ひとりの方と密に触れ合いながら、深い信頼関係を築いていきやすいでしょう。

このように、店舗によってだいぶ働く環境は異なりますし、勤務時間などにも違いがあります。

就職先を探す際にはお客さまとして店に足を運んでみるなどして、自分に合ったところを選んでみるとよいのではないでしょうか。