回答者:たかさん(男性/31歳)

職業名:医療ソーシャルワーカー / 現在の状態:現役 / 経験年数:9年

仕事内容
佐賀県で医療ソーシャルワーカーをしております。

勤務先の規模は病床数150床で職員は300人ほどです。

仕事内容としては、医療機関で治療以外に心理面や経済的な面で困っている方の相談を受ける仕事です。

職場での役割としては病院で唯一の福祉職であり、福祉職ならでは視点で患者さまに接しております。

私がこの職業を目指したきっかけは大学の実習先で相談員の方の仕事ぶりを見て、患者さまが困っていることにいかに対応を行うかを一緒に考える姿を見てからです。
仕事のやりがい
この仕事を行うことでのやりがいは、医療ソーシャルワーカーにしか相談できないことの相談を受けたときです。

いかにその患者さまが安心して治療を受けることができようになるか考え、その患者さまが笑顔で帰っていかれる姿を見るときにやりがいを感じます。
覚悟しておいた方がいいこと
やはり人対人のやり取りである以上、信頼関係を築いていくことが大変です。

信頼関係を築くことができなければ、その後の支援に支障が出ます。

壊れた信頼関係を再度築いていくことはとても大変です。

これから高齢社会を迎えるにあたって、この職業は将来性はあります。
給料・待遇
給与面に関しては31歳で勤続年数7年、月収26万円、手取り20万5千円、年収は400万円です。

待遇面では公休は取りやすく、有給もできる限り取れるように上司に気を遣ってもらうい、給与待遇面に関しては不満はありません。
この職業の恋愛・結婚事情
この業界で働く方にとって、同業者同士で結婚している夫婦はあまりいないような印象です。

医療ソーシャルワーカーはどちからというとストレスがたまる職業であるため、悩みをよく聞いてくれる方と結婚する傾向があります。
この職業を目指す人へのメッセージ
医療ソーシャルワーカーは患者さまにとって安心して治療を受けることができるようにするためのサポート役です。

支援を行っていく中でストレスがたまることも多々あるかと思いますが、やりがいがある仕事だと思います。

医療に興味があり、本気で患者さまの相談役として仕事を行いたい方は、ぜひ勉強を頑張って社会福祉士の資格取得を目指してください。