診療情報管理士の仕事内容

診療情報管理士の役割とは

診療情報管理士とは、四病院団体協議会と医療研修推進財団による民間資格の名称です。

設立当初は診療録管理士という名称でしたが、1996年に現在の名称に改訂されました。

診療情報管理士の仕事は、たとえるならば医療機関内でのカルテの司書です。

患者の診療記録であるカルテの保管、病名のコーディング、在所確認・把握、破棄といった、カルテの保存と活用に関わる業務を担当します。

診療情報管理士は、ある患者が来院した際に、その患者が過去にどのような診察を受けたかを、医師が把握するためにとても重要な存在です。

過去の診察で付いた病名、治療内容、薬の処方内容を一目瞭然にすることで、新規診察の正確さの向上とスピードアップに貢献します。

医療機関内の情報の流れを決め、運営するシステム管理のような役割を任されることもあります。医学的な知識と情報管理知識を組み合わせた職業です。

具体的な仕事内容は?

診療情報管理士の重要な業務のひとつに、カルテのデータベース化があります。

カルテ情報をコーディングに沿って登録し、求めに応じて医師がカルテを参照できるようにする業務です。

デジタル化が進んでいない病院であれば、紙のカルテに索引番号を振り、物理的に分類・保管します。

最近ではパソコン上でデータ管理をする病院が増えてきているため、医師が書面で作成したカルテをデジタルのデータベースに入力します。

このとき、病名をWHOの定める国際疾病分類基準(ICD)に基づいてコーディングします。この作業は包括医療費支払い制度方式(DPC)の運用に不可欠です。

また、がん登録と呼ばれる、カルテを読み取ってがんの種類を分類し、コーディングして登録する作業も行います。

パソコンでの情報処理知識があると重宝される職務です。

医師と対等に話をすることも

診療情報管理士はまた、医師の作成したカルテの医学用語が正しいか、記入もれがないかをチェックします。間違いがあれば、担当医師に報告して修正を求めます。

医学的な知識が深ければ、患者の診療データに基づいた病名や薬の内容の検討といった重要事項に関わることができます。

診療情報管理士は大まかには医療事務に分類されますが、専門的な医療知識を持つことで、一般的な医療事務職にはないやりがいを得ることができるでしょう。