審判になるには

協会の設けた資格を取得する

日本で審判になるには、競技によって、その手段は異なりますが、大きくは2つに分けられます。

1つは、サッカーやテニス、バレーボールの審判のように、協会が実施する講習会や筆記試験、実技試験などを受検して資格を取得するというものです。

サッカーの場合、4級審判員資格から取得して、3級、2級、1級と取得していきます。1級審判員の資格を取得すると、Jリーグの試合で主審ができます。

審判としての収入で生活するには、さらに、日本サッカー協会から「プロフェッショナルレフリー」として認定され、プロの審判として契約する必要があります。

プロフェッショナルレフリーは、1級審判員と女子1級審判員の中から優秀な人が選ばれます。現在、約200名の1級審判員と女子1級審判員のうち、わずか約30名です。

審判として採用される

2つ目の方法は、プロ野球の審判やプロレスのレフリーのように、プロ野球機構やプロレス団体に採用されるというものです。

採用されると研修を受け、プロ野球なら2軍、プロレスなら前座試合から経験を積み、審判として評価されると大きな試合を任せられるようになります。

プロ野球の審判になるには、「NPBアンパイア・スクール」を受講し、そこで資質を認められる必要があります。その後、春季キャンプに参加して、さらに適性を認められれば、採用されます。

採用は、受講生約50人のうちの4人前後です。

プロレスのレフリーは、定期的に採用があるわけではありません。そのプロレス団体のレフリーの定員に欠員ができれば、採用されます。

競技経験のある方がよい

審判になるには、必ずしも、その種目のプレー経験がなくても構いません。

しかし、プレー経験がある方が、選手の動きについていけたり、次の展開を予測できたりして、採用試験でも有利なようです。

また、競技スピードの速い種目の場合、審判もそれなりに運動能力が高くなければ、競技についていけない可能性があります。