「なるには」カテゴリーの記事

審判にはどんな資格が必要?

各スポーツに共通の国家資格はない スポーツの競技審判になるために必要な国家資格、または各スポーツに共通する特別な資格はありません。 審判になるための資格は、それぞれの競技団体ごとに設定されています。 競技ごとの資格は、小 […]

テニスの審判になるには

審判員はボランティア テニスの審判を専業として生活することは、現実的には難しいのが実情です。 テニスの国際審判員になると、ウインブルドン大会や全仏大会といった「4大大会」をはじめとする大きな国際大会でも審判を務められます […]

バレーボールの審判になるには

バレーボールの審判で生活はできない 日本のバレーボールの審判員で、審判としての収入のみで生活している人はいません。 日本のトップリーグであるVリーグや国際試合の審判をしても、報酬はおよそ1日当たり数千円となっています。 […]

プロ野球の審判になるには

野球の審判で生活できるのはプロ野球だけ 日本の野球界で、審判としての収入だけで生活できているのはプロ野球の審判だけです。 高校野球や大学野球、社会人野球、さらには独立リーグなどの審判は、他に本業をもっていたり、アルバイト […]

サッカー・Jリーグの審判になるには

プロフェショナルレフリーを目指す 日本のサッカー界で、プロの審判として活動する人を「プロフェッショナルレフリー」と呼んでいます。 J1で主審を務めたり、ワールドカップなどの国際大会で審判をするのはプロフェッショナルレフリ […]

審判に向いている人・適性・必要な能力

審判に向いている性格・適性 冷静で細部にこだわるタイプが、審判には向いています。 どの競技でもルールはかなり細かなところまで定められており、ルールによっては実際に起こりうるプレーと照らして考えないと理解しにくいものもあり […]

審判になるには

審判になるまでの道のり 各競技の協会が設けた資格を取得する 競技によってその手段は異なりますが、日本で審判になるための方法は大きく分けて2つの種類があります。 1つはサッカーやテニス、バレーボールの審判のように、その競技 […]