視能訓練士のやりがい

一番のやりがいは喜んでもらえること

視能訓練士が一番やりがいを感じる瞬間は、患者さんやその家族に喜んでもらったときです。

特に、患者さんが高齢者の場合、今まで見えていたものが見えなくなったという不安が強く、老化していく事に関するストレスを感じていることも多いため、拡大読書器やルーペなどの視覚補助具を使う練習をすることに強い抵抗を感じることも少なくないそうです。

また、視覚補助具を使いこなせるようになるためには、日常場面でも多く使用するなどの練習が必要です。

視覚補助具を使いながらであっても、自分が見たいものを見ることができ、自分が読みたい文字が読むことができることは、非常に幸せなことでしょう。長い不安な時期を乗り越えた患者さんの笑顔は何物にも代えられないといいます。

弱視や斜視の改善では、患者さん本人よりも家族の喜びはひとしおです。子どもの視力がたとえ晴眼者の水準に達しなくても、子どもが今まで見向きもしなかった物に気付くようになり、その物に手を伸ばしたときの保護者の喜びは何にも代えられないものでしょう。

毎日の業務の中で一つひとつの変化を大切にする

検査業務は単調になりがちなように思えますが、毎日違う患者さんが来院しますので、さまざまなタイプの人と接します。

中には定期的に通院されている方もいて、何度も話すうちに、親しみを持って接してくれることもあります。

実施が難しい検査などは視能訓練士の先輩や眼科医の指導のもと行いますが、一つひとつ新しいことを覚えていく喜びもあります。こうしたこと全てが視能訓練士の専門性であり、待遇面などの良さなどにあらわれる社会的評価の高さに繋がります。