視能訓練士の仕事内容

視能訓練士の仕事内容

視能訓練士とは、医師の指示の下で、目に関する検査や目の機能を回復するための訓練をする仕事です。眼科領域の専門家であり、視能訓練士の検査した結果をもとに、眼科医は治療を行います。

視能訓練士の仕事内容は、大きく分けて、眼科関連検査の実施、視能矯正、リハビリ関連業務の3つです。また、学校等での集団検診のスタッフとして働くこともあります。

このうち、実際に一番多く行われている業務は眼科関連検査ですが、勤務環境によってその比重は異なります。

病院の眼科や眼科医院が主な職場です。近年はレーシッククリニックで働く視能訓練士も増えてきています。また、視能訓練士は目のリハビリテーションを行う仕事であるため、リハビの場で活躍する視能訓練士もいます。

眼科関連検査の実施について

検査器具を用いて、視力、眼圧、視野、色覚、光覚などの目の検査を行います。検査結果は眼科医に渡され、治療の方針が決まります。

眼科で検査のために使われる機械は年々複雑になってきており、眼科学の基本や検査の目的、検査結果の読み取りかただけでなく、こうした機械の特性を理解することや、具体的な操作能力が必要になります。

実際には職場に置いてある機械を利用して測定を行うので働く環境によって差があります。

視能矯正について

視能訓練とは、医学的弱視や斜視、眼球運動の苦手さを改善するための訓練です。これらの状態をそのまま放置しておくと、正常な視力の獲得が難しくなるため、眼科医と相談した上で訓練プログラムを作成します。

患者さんに訓練・指導を行い、「両眼視機能」の回復を図ります。「両眼視機能」とは視力や視野、眼球運動に異常がなく、斜視がないことを指します。

特に子どもは訓練によって、手術を回避できる可能性があるため、適切な訓練をすることが大切です。

なお、勤務先が小規模だと矯正訓練の業務を実施していないところもあります。

リハビリ関連業務について

リハビリ関連業務とは、見えかたに問題がある中で生活できるようにするものです。ルーペや単眼鏡、拡大読書器などの道具を使いこなすには、一定の練習が必要です。

特に、高齢になってからうまく見えにくくなった人の場合、道具の使い方の習得には時間がかかりますし、放っておいて身につくものではありませんので、視能訓練士の介入が重要な役割を果たします。

リハビリ関連業務は、総合病院で行われていることがほとんどで、小さなクリニック等では扱われにくい内容です。