歯科技工士になるには

まずは歯科技工士の養成施設へ入学

歯科技工士になるためには、歯科技工士国家試験に合格することが必要となります。受験資格を得るためには、高校卒業後、歯科技工士を養成する大学や短大・専門学校に入学しなければなりません。

歯科技工士養成所として厚生労働大臣や文部科学省大臣が指定した教育機関で、国公立や私立の学校法人や歯科関連の業界団体が設立しています。

いちばんわかりやすいルートが歯科技工士を専門学校に入学することです。昼間は2年制、夜間は3年制のカリキュラムが組まれています。また大学の歯科技工士過程であれば4年ですし、短大では2年のところがほとんどです。

養成施設では歯科技工士国家試験を念頭に置いた知識の定着や技術の習得が行われます。一般教養のような科目から歯科理工学や歯の解剖学をはじめ歯科技工学の専門分野にいたるまで国家試験で課される内容をしっかりと学習します。

とくに歯科技工士国家試験では実地試験といった歯科技工の実技試験が行われるので、学校での具体的にスキルを身につけることがとても大切となります。
歯科技工士の国家試験の難易度・合格率

歯科技工士になるには

国家試験に合格したら

毎年行われる歯科技工士の国家試験に合格して保健所に免許申請を行うと、歯科技工士免許証が交付されます。これによって歯科技工士として仕事を行うことができるようになります。

歯科技工士としてスタートするには、新卒者はまず全国に約1万5千ほどある歯科技工所に就職するか、大きな歯科医院で働くこととなります。病院の求人もわずかながらありますが、人気が高く、病院への就職は困難です。

就職後は歯科技工所で学校で習った知識とスキルをもとに、先輩にフォローしてもらいながら、実際の歯科技工の仕事を通じて自分の腕を磨きます。

歯科技工士は、開業をすることが認められている職業です。経験と技術を磨き、独立して歯科技工所を経営している人も少なくありません。

歯科技工士に求められる能力

手先の器用さ

彫刻刀などで加工物を作る仕事のため、手先が器用であることが必要です。人の身体の一部となるものであるため、少しのずれも許されません。職人並みの精確な作業ができることが求められます。

忍耐力

加工物の制作は細かい作業が続きます。長時間に渡り作業を続けることができる集中力や根気が求められます。

好奇心

歯科技術は日々技術が進歩し、新しい技術や素材が生まれています。最新の技術を学びたいという好奇心や探究心があることが好ましいでしょう。

歯科技工士の今後の見通し

高齢化社会

高齢化社会を迎え、期待が高まっている職業です。歯が健康でないと、食事がうまくできず、十分な栄養を取得できない恐れがあります。

また、歯が弱くなると精神的にも落ち込んでしまう傾向があります。入れ歯などで自分で食べ物を噛めるようにすることは、高齢者にとって、健康面だけでなく精神面でも大切なこととされています。

海外製の輸入

歯科医院の経営は厳しいところが多く、義歯を中国やベトナムなどの人件費の安い国から輸入するという現象が起きています。低価格化が進み、歯科技工士の待遇悪化につながっている面もあります。

海外での活躍

海外においては、日本のように歯科技工士が国家資格となっていない国も多く、日本の歯科技工士の技術は高く評価されています。ビザなどの問題もありますが、アメリカなど海外で活躍する歯科技工士も存在します。

歯科技工士のデータ

歯科技工所数

歯科技工所の数は若干増加傾向にありますが、ほぼ横ばいで推移しています。平成26年時点での歯科技工所の数は20,166となっています。
歯科技工所数の推移_26

歯科技工士数の推移

歯科技工士の数は、ほぼ横ばいではありますが、平成12年あたりから徐々に減少を続けています。平成26年時点での歯科技工士の数は34,495人でした。
歯科技工士数の推移_26

年齢別の歯科技工士数

年齢別の歯科技工士数は、50代が圧倒的に多くなっています。若い世代になるほど歯科技工士の数は少なく、今後歯科技工士の数が減少していくことが想定されます。 なお、25歳未満の女性比率は47.8%ですが、年齢が上がるとともに女性の割合は減少し、50〜54歳では10.3%にとどまっています。
年齢別の歯科技工士数_26