司法書士の独立・開業

独立する人が多い資格

本来、司法書士は独立開業を想定した資格だといわれており、実際に独立開業をしている人はたくさんいます。

しかし、資格を取得してからいきなり独立開業をするのは、実務経験やノウハウなどが重要な仕事だけに、まず不可能だと考えたほうが良いでしょう。

そこで、ほとんどの人は資格取得後に司法書士事務所などに就職し、そこで経験を積みながら人脈も作り、独立開業の準備をしていくという流れになります。

一般企業のサラリーマンから脱サラするよりは独立開業の現実味があるので、もとから独立志向の強い人に向いている職業であることは間違いありません。

司法書士は独立開業してナンボ?

弁護士もそうですが、司法書士も収入面での魅力に惹かれる人は多く、資格を目指す人の多くは将来的には独立開業を志向しています。

実際に「○○司法書士事務所」や「○○法務事務所」などの名称で開業している人がたくさんいて、その人たちがバリバリ活躍している姿を見ると、それに憧れて司法書士を目指す人が出てくるのは当然のことです。

すでに独立している現役の司法書士の多くが、最初から独立開業を目指していた人たちです。

独立開業までのロードマップ

司法書士として独立開業するには、充分な知識と実務経験が必要です。さらに、そうした「腕前」を発揮するために顧客を獲得しなければなりません。

そうした独立開業に必要なものは、修行として司法書士事務所などで働いている期間に備わっていきます。

つまり、ただ雇われ司法書士として与えられた仕事をこなすだけでなく、独立を目指している人は知識や人脈などをどんどん吸収していく必要があります。

独立後は自分で顧客を開拓していくことになるので、そのための営業スキルを磨くことも重要です。

最低でも3年は修行のつもりで雇われ司法書士をしながら、身に付いた成果によって独立の具体的な準備をするという流れが一般的です。

実際に独立開業している人の声

すでに司法書士事務所を立ち上げて独立開業している人の意見を総合すると、やはり重要になるのは顧客を獲得するための技術や人脈だそうです。

法律や登記などの知識や実務経験については「あって当然」というレベルなので、その上に営業スキルやコミュニケーション能力などが問われます。

こうした技術は司法書士試験の勉強で身に付くものではないので、社会人経験を通じてキャリアアップしていく必要があります。