産業カウンセラーの仕事内容、役割

公的機関や民間企業で活躍

産業カウンセラーは、産業を取り巻く現場で働く人たちが抱えている問題に対してアプローチを行い、問題解決に導くためのサポートをする専門家です。

公共職業安定所や学校のような公的な機関から、民間企業、医療機関などさまざまな場で働いています。

昔の日本にはこのような職業はありませんでしたが、働く人が心の病にかかってしまうケースが多いことや職場でパワハラやセクハラなどの不当な被害を受けてしまうことが問題視されるようになり、産業カウンセラーの必要性が認識されるようになりました。

働く人間が抱えている問題を引き出すためのカウンセリング能力を身につけていることにプラスして、労働基準法や雇用の動向に関する知識を持っているのが、産業カウンセラーの強みです。

働く人に寄り添う存在

それでは、産業カウンセラーの具体的な仕事内容を見てみましょう。

まず、一つ目は「メンタルヘルス対策への援助」です。

近年では、企業や組織で働いている人たちが心の問題を抱えていることが多く、うつ病で長期的に休職をする人や自殺をする人がいることが大きな問題となっています。

こうした人たちの抱えている心の問題に寄り添い、健やかな社会生活を送れるようにカウンセリングを行うことが産業カウンセラーの大きな役目です。

また、「キャリア開発の援助」という仕事もあります。

働いている人の多くがぶつかる壁であるキャリアアップに関する悩みや能力開発の悩みに寄り添い、アドバイスを行います。

快適な職場を作るために

さらに、「職場における人間関係開発への援助」も大切な仕事のひとつです。

具体的には、職場内のいじめやパワハラ、セクハラで悩んでいる人の相談にのったり、その対策を兼ねた新たな組織づくりを提案したり、グループ間のコミュニケーション能力を高めるための研修を行ったりします。

このように、快適な職場環境づくりのプロフェッショナルである産業カウンセラーは、現代社会における多くの職場で欠かせない存在となっています。