産業カウンセラーと臨床心理士の違い

仕事内容の違い

産業カウンセラーとよく似ている職業として、心の問題の専門家である臨床心理士があげられます。

しかし、実はこのふたつの職業の仕事内容には大きな違いがあります。

臨床心理士が、学校でのいじめの問題からうつ病を患う高齢者のケアまで「心」の問題に幅広く取り組むのに対して、産業カウンセラーのフィールドはあくまでも「産業」を取り巻く場に限定されています。

企業の組織の中で起きている人間関係のトラブルやキャリア開発における課題など、経営者や従業員がぶつかるさまざまな壁に一緒に立ち向かうのが産業カウンセラーの役割なのです。

この中の仕事のひとつとして、働く人に対する「メンタルヘルス対策への援助」があるのであり、産業カウンセラーは臨床心理士のように心の問題のケアこそが専門というわけではありません。

こうした違いがあるため、産業カウンセラーの場合は、カウンセリングの知識や技術に加えて、労働基準法や雇用の動向に関する知識を持っていることが求められます。

臨床心理士の仕事

資格の違い

また、産業カウンセラーと臨床心理士では、資格の種類や取得のためのプロセスにも大きな違いがあります。

現在、産業カウンセラーの資格は、一般社団法人である日本産業カウンセラー協会が認定するものとなっており、基本的には産業カウンセラー養成講座のカリキュラムを受講すれば受験資格を得ることが可能です。

一方で、臨床心理士は、財団法人である日本臨床心理士資格認定協会が認定するものとなっており、心理学系の指定大学院で2年間勉強し、カウンセリングの実習などを行うことで受験資格が得られます。

一般的にいうと、臨床心理士のほうが受験資格を取得するための条件が厳しく、挑戦できる人が限定される資格だと考えられています。

このように、産業カウンセラーと臨床心理士では仕事のフィールドや資格取得までのプロセスが大きく異なるので、どちらをめざすかをできるだけ早いタイミングで決断することが大切です。