産業カウンセラーの一日

組織で働く産業カウンセラー

産業カウンセラーとして働く人の中には、民間企業や公的機関の人事部や総務部に所属しながら働いている人もいれば、独立開業してさまざまな組織から仕事を請け負っている人もいます。

この雇用形態の違いによって、産業カウンセラーとしての一日の過ごし方は大きく変わります。

まず、人事部や総務部で働いている人の場合は、他の社員と同じようなスケジュールで働くことになるので、朝8時半頃に出勤して夕方18時頃に退勤するという勤務スタイルになります。

ただし、相談に来る社員には「自分の担当業務が終わってからでないと相談時間を設けられない」という人も多いので、昼食時間や夕方以降に面談が入ることも珍しくないようです。

独立開業している産業カウンセラー

一方、独立開業している人の場合は、担当しているクライアントに合わせて一日のスケジュールを組むことになります。

たとえば、午前中は事務所内の相談コーナーで個人のクライアントからキャリア開発に関する相談を受けます。

そして昼食休憩をはさみ、午後からは大手メーカーのメンタルヘルス相談室に行き、心の問題を抱えている社員に対するカウンセリングを行うというようなスケジュールです。

長期的に出張し、一週間かけて社員の能力開発のための研修を行うということもあります。

産業カウンセラーの多くが、このように民間企業や公的機関、医療機関などに足を運んでカウンセリングを行う「出張相談」や研修を請け負う「出張研修」をしており、担当する組織の社員や産業医と連携しながら問題の早期解決に取り組んでいるのです。

このように、独立開業している産業カウンセラーの勤務スケジュールは、担当するクライアントによって大きく変わります。

信頼と実績のある産業カウンセラーになると地域を限定せずさまざまな組織から相談が来るので、非常に忙しくなります。