臨床工学技士のやりがい

患者さまの命を守る

臨床工学技士は患者さんの命に対して責任を負っています。

臨床工学技士の主な役割は医療機器の安全管理や操作であり、少しのミスが命に関わることもあります。

緊張感がありますが、その分、命を救う一助となることができるというやりがいもあります。

業務を広げることができる

臨床工学技士は、国家資格として比較的新しいので業務範囲がまちまちのところがあります。

主な業務以外は決まっていないので、法律で定められた範囲内であれば自分の能力によって広げることが可能です。

たとえば、透析業務を行う目的で採用されたとしても内視鏡操作補助の経験があるのであれば、内科を持つ総合病院等ではその業務に従事することもできます。

また、外科関連であれば人工心肺業務だけに限らず、心臓カテーテル術の補助やPCPS(経皮的心肺補助装置)業務を行うこともできます。

その人のスキルに応じてステップアップすることができ、仕事の範囲が広げることもできるのもやりがいの一つです。

認知度を高める

今日、医療の世界ではさまざまな分野で機械化が進んでおり、医療機器およびそれを管理し、操作することができる人材は医療にとってなくてはならない存在です。

臨床工学技士は医療機器に関するプロフェッショナルとして院内で頼りにされることが多い一方で、医療関係者の中にもその役割をよく知らない人がいるというのも事実です。

病院内のエンジニアとして必要とされる職種であるからこそ臨床工学技士という職種が誕生したのです。

新しい領域で、臨床工学技士の存在意義を世間一般に広め、活躍の場を広げることもやりがいにつながるかもしれません。