臨床工学技士の現状と将来性

臨床工学技士へのニーズが高まる

医療業界においてはまだ臨床工学技士という資格は浸透するには至っていないかもしれません。

しかし、病院など臨床の現場では、臨床工学技士への業務のニーズは高まりつつあります。

医療機器が毎日のように進歩する昨今において、臨床と医療機器の知識の両方を有することは、医療を行っていく上で不可欠な存在になっています。

今までは、院内に出入りする業者やメーカーに機器の修理や使用方法を聞いていましたが、臨床工学技士が常駐する病院では、ME室の臨床工学技士へ依頼すれば答えてくれるシステムになっています。

だからこそ、臨床工学技士への要望は高まり、常に研鑽も必要になってきます。

院内でチーム医療として大事な一角を担いつつある臨床工学技士の責務は、医療機器の発展に比例して増えると考えられます。

研究職に進む人も増加

臨床工学技士の資格を取得した大部分の方が病院に勤務しています。

国立病院から公立病院、民間病院、クリニックなど働く内容によって選ぶ病院も変わると思われますが、まだ、あまり認知されていない研究職の道もあります。

国立や大学病院などに勤務している工学技士の多くが学士の称号をもっており、臨床検査技師など他の国家資格も持つダブルライセンス取得者も大病院に勤めていることが多いです。

向上心の高い方の中には、次のステップとして研究職を目指す方もいます。大学や大学院へ進学してさらなる知識を習得して研究機関や教育者を目指す道です。

臨床工学技士という資格は、医療業界ではまだ新しい資格なので、研究機関や教育者の席もやや空きがあり、比較的競争率が少ないのが目指す方が増えている要因のようです。

また、大学院の修士課程を卒業後、病院に戻り院内の責任者になる方もいます。

先にも述べたように、臨床工学技士の必要性は高まっているため、今後就職先はますます増えていくと考えられます。そして、資格取得後の道も広がっていくでしょう。