レーサーのトレーニング・訓練

レーサーに欠かせない持久力トレーニング

レースの時間は、種目によって10分〜30分、または60分。F1なら2時間近くかかります。しかも、レーサーは、思っている以上に体力を使います。

スタートの時、座っているだけで心拍数はふだんの3倍以上にあがるといいます。うだるような暑さと耳をつんざくエンジン音の中、窮屈なコックピットに長時間座ることになります。

さらに、そういう過酷な状況の中でも、冷静で的確な判断や操作が求められるのです。

現実に、レーサーのトレーニングといえば、真っ先にあがるのが、持久力をつけるための有酸素運動です。一般にランニング、水泳、自転車あたりがよく行われています。

選手の興味によってバトミントンやテニス、ラクロス、スカッシュなどを行う人もいます。

オフシーズンには、1週間に5〜6日、1日1〜2回、こうした持久力トレーニングを行っているレーサーもいます。

マシン操作のために筋力トレーニングも必要

レーサーには、筋力トレーニングをしている人も少なくありません。

レーシングカーは、パワーステアリングがありませんのでハンドルが重いです。また、ブレーキにも、一般車のようなアシスト機能がありません。

ブレーキが簡単にかかると、それがかえって邪魔になるからで、ブレーキは軽く踏む程度では動きません。ブレーキをかけるたびに、強く踏み込む必要があります。

レーサーは、マシン操作に必要な、最低限の筋力をつけるため、筋力トレーニングを行っています。

街やホテルのトレーニングジムを利用する人もいれば、レーサーの卵の若い人たちには、自分で工夫してさまざまな筋力トレーニングを行っています。

首を鍛えることも重要

レーシングカーでコーナーに入ると、重力加速度のために頭部には通常の5倍の重さがかかるといわれています。一般に「横G」と呼ばれるものですが、慣れるまでは、首を動かせない人もいるそうです。

また、何周も横Gを受けていると、首がつかれてきます。

レーサーにとっては、首を鍛えるのも大切なトレーニングです。F1レーサーには、滑車装置のついたヘルメットをかぶり、さまざまな角度から引っ張られることで首を鍛えている人もいます。