パン職人の求人・採用募集状況

パン職人の採用は不定期

パン職人の就職先としては、個人経営のパン屋からベーカリーチェーン店、パン工場などがあります。

大手の店舗であれば毎年新人を採用するというケースもありますが、個人経営のパン屋などは「人手が足りなくなったときに若干名の募集をする」というのが一般的です。

例年必ず採用があるわけではありませんし、必ずしも4月採用とは限らないので、就職を希望するパン屋があるのならば年間を通して積極的に求人情報を集めておくことが大切です。

正社員としての採用は狭き門

パン職人としての就職を希望しても、誰もが正社員で採用されるわけではありません。個人経営のパン屋では特に経営が苦しいため、アルバイトや契約社員での求人募集が多いのです。

未経験者の場合は、まずは期限付きの採用から始めて、能力や勤務態度を認められれば正社員へとステップアップしていけることもあります。

正社員になるまでは給料が低く経済的に苦労することもありますが、経験を積み重ねながらチャンスを待つことが大切です。

「経験者のみ」の求人募集も

パン職人の場合は特別な学歴や資格が必要なわけではありません。何よりも実力や経験を重視していることが多く、現場経験があることで待遇がぐっと良くなることもあります。

小規模なパン屋では一人ひとりが即戦力として働くことが求められるため、未経験者をゼロから育てる余裕がない店舗も多いのが現状なのです。

求人募集をチェックする際には「見習いOK」なのか、「経験者のみ」の募集なのか、経験者の場合は何年以上の経験が必要なのか、事前にしっかりと確認したほうが良いでしょう。

仕事体験談