公認会計士の仕事内容

代表的な仕事は「監査」

日本にはたくさんの数の企業があります。そのなかでも、証券取引所に株式を上場している企業や資本金が5億円以上の企業のような大企業は、法律にのっとった経営をしているかどうかをチェックするための「監査」を受けることが義務付けられています。

この監査をするのが、公認会計士の仕事です。企業の収入や支出を記録した財務書類を調べ上げて、その内容に誤りがないかどうかを徹底的にチェックします。

このように独立した第三者の立場から企業の経営状態をチェックすることで、企業が決算書にウソの数字を書く「粉飾決算(ふんしょくけっさん)」を防ぐことができるのです。

粉飾決算は、株主が投資に関して正当に判断する機会を奪う行為であり、たくさんの人の経済活動に混乱を引き起こすものです。

監査によって、こうした事態が起きるのを防いでいる公認会計士は、まさに日本の経済活動を陰で支えている存在だと言えます。

「コンサルティング」や「税務」の仕事も

公認会計士の多くは監査法人に務めています。顧客となる企業はほとんどが大企業で、監査が中心の業務となりますが、監査以外にも、公認会計士にはさまざまな仕事があります。

たとえば、企業の経営や会計に関してアドバイスをする「コンサルティング」の仕事。公認会計士ならではの専門知識を活かして、経営戦略やコストの削減や合併(M&A)について提案をすることで、企業の経営のサポートをします。

一般企業の経営企画室や財務部門で働いたり、コンサルティング会社に勤務する人もいます。

また、税理士と同じように税に関する書類の作成や申告を行う「税務」の仕事をすることもできます。公認会計士の資格を取得すると、税理士会への登録さえすれば無受験で税理士の資格が取得でき、税理士としての業務を行うこともできるのです。

独立して事務所を開いている公認会計士の多くが、コンサルティングや税務の仕事を行っています。この他にも、一般企業の経理部に就職して予算の編成や管理などを行うこともあります。