公認会計士の就職先・活躍の場

代表的な就職先は「監査法人」

公認会計士は、いわゆる「会計のプロフェッショナル」です。会計に関する専門知識を活かすための活躍の場は、大きくわけると3つあります。

ひとつめは、監査法人。大企業が法律にのっとった経営をしているかどうかをチェックするための「監査」を専門に行う特殊法人です。

日本で監査を行うことができるのは公認会計士の資格を持つ人間だけであり、監査は公認会計士の仕事の基本中の基本だと言うことができます。

そのため、公認会計士の試験に合格した人たちの多くが、一度は監査法人で働いて監査の経験を積んでいます。監査法人には大小さまざまな規模があり、東京から地方都市までの至るところに活躍の場があります。

企業や個人事務所でも活躍

ふたつめの活躍の場は、一般企業やベンチャー企業です。公認会計士ならではの専門知識を活かして、経営戦略やコストの削減や合併(M&A)について提案をする「コンサルティング」の業務を行うことで、企業のサポートをします。

また、経理部や財務部で、予算の編成や調整などを専門に行う場合もあります。こうした仕事では、企業の経営戦略により直接関わることができるのが特徴です。

みっつめの活躍の場は、個人の会計事務所です。財務書類を作成したり、税務やコンサルティングに関する業務を行ったりして、取引先企業のサポートをします。

ただし、公認会計士の資格を取得していきなり独立開業するという人はほとんどいません。監査法人で監査の経験を積んだり、一般企業でコンサルティングや税務に関する経験を積んだりしてから、独立して事務所を開くというのが一般的です。

個人の事務所ではさまざまな業務を一手に引き受けないといけないので、一通りのスキルを身につけていることが必要とされるのです。